読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

Code:Realize~創世の姫君~ ヴァン感想

Code:Realize~創世の姫君~


ヴァン

見た目   ★★★★★☆
性格    ★★★★★☆
声     ★★★★★★
シナリオ  ★★★☆☆☆
恋愛過程  ★☆☆☆☆☆


追いかけ疲れました。


ネタバレ注意!!!!




















次はこのお方。見た目通りクールでツンデレなんだけど、意外とノリツッコミする愉快な人。

ヘルシング砲なんかは本当に笑った。



キャラクターとしてはすごーーくかっこいい。

強いし、強いし、強いし!

戦闘においてこんなに頼もしい人はいないだろう、何が出たってヴァンさえいればなんとかなりそうな安心感。





シナリオは過去の因縁>>>>>>>>>恋愛 くらいの勢いで個別ルートへ突入するので、カルディアとの恋愛過程は1章分まるっと読み飛ばしたかのような唐突感。



乙女ゲームではないのだと思えば、シナリオの出来はすごくいいと思う。でも、わたしは恋愛がしたいんですよ…。



この2人に愛を語られてもいまいちピンとこないので、最後まで物語に入り込めないまま終わっちゃったのが残念。





それから、ヴァンは自身の因縁とカルディアの毒が全く関与しないまま終わってしまうので、ヴァンルートでのカルディアの毒設定はお荷物以外の何者でもない。

ヒロインがカルディアでなければならない理由が見い出せない。せっかくの毒設定ももてあますようなら、キスすらできないんだし普通の人間にしとけばよかったんじゃないかと思ってしまう。

せっかく年長者で甘い大人展開を期待できそうなだけに、すごく惜しい。

かといってあのシナリオで恋愛脳になられても戸惑うから難しいところ…。



エピローグではようやく毒はなんとかしてやると言われたが、正直説得力ないしヴァンだけではどうにもなりそうもないので、冷めた気持ちで受け取ってしまった。





ただ、声優 諏訪部さんの演技は素晴らしくて感動したし、ヴァンの色気のある低音ボイスはいつまでも聞いていたいと思う。



かなり糖度が低くて、恋愛過程が薄い。乙女ゲームとしてのわたしの評価は低くなったけど、キャラクターとしては大好きなので、非常に惜しかったなというところ。







おまけシナリオでの爆発っぷりはすごかった。

お尻…!