読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

遙かなる時空の中で3 リズヴァーン感想

遙かなる時空の中で3 with十六夜記 愛蔵版


リズヴァーン


見た目   ★★★★★☆
性格    ★★★★☆☆
声     ★★★★★☆
糖度    ★☆☆☆☆☆
シナリオ  ★★★★★★


趣味:立ち聞き、特技:言い逃げ、将来の夢:神子


ネタバレ注意!!!!






先生ルートは甘さが全く無い分、終盤の石田さんの演技が光ってました。そして今までやった中で一番頭使うシナリオで追いかけるのに必死。

今回望美は独白が多くて愛着が持てました。
先生を意識して動揺するあたりは、今までに無く新鮮で可愛かった。
恋にうつつを抜かして防ぐはずの運命を逃し、白龍の逆鱗に固執して『やり直せばいい』精神になってたのも、おいおいと呆れつつしかし聖人君子の神子様より人間くささが出ていて共感できました。


先生がいなくなってからは、 迎えに来てくれたヒノエのフォローに惚れ いつも信じてくれる敦盛の優しさに癒され 、先生を見たという望美に『 気のせいですよ 』と ライバル意識むき出しにする譲に肩を震わせ ながらプレイしました。結局助言して『 こんなことでしか役に立てませんから 』と哀愁をおびる譲。 ふ、不憫だ・・・ (笑)


リズ先生と望美については、尊敬している師の憧れが実は自分だったという関係性が非常においしいです。

命の恩人である望美のように、強く優しくなりたい。あの時救えなかった後悔を胸に、 わずか4歳から文字通り望美の為だけに生きてきた先生 。しかも何度も繰り返してきたと言うのだから、他の攻略キャラと比べて望美への 想いのベクトルが違いすぎ 。あ、いや、 大丈夫、 譲だって負けてないよ! (笑)


『ずっと、お前に憧れて 愛してきた』
『―――私の、運命』

もはや好きとかそういうレベルじゃないよね。
望美はリズ先生の運命 。まったくもってその通りなんだと思います。



途中先生との戦闘がありましたが望美に全くダメージ入らなくて萌えました。


真実を明かした時の、堰を切ったような先生がとてもよかったです。どうにもならない悔しさや悲しさ、焦りが
、これまでの先生の道のりを表しているようで切ない。
そしてなんと言っても清盛戦直後の会話!


『・・・そばにきてくれないか』
『手を握ってくれないか まだ、よく、わからないのだ』
『その手で―――・・・私に触れて・・・』


(゚∀三゚三∀゚) ウホー!!!?




これまで甘さなんて皆無だったけど、石田さんのこの演技で大満足です。
声もかすれて呆然とした先生の、初めて見たたどたどしさがたまんなかったです。




シナリオに関して、以下個人の勝手な解釈です。
そしてまとまってないです。


始まりがいつとかリズヴァーンの存在重複とか、考えれば考えるほど謎が謎を呼び深みにはまるので細かいことは諦めました(^q^) わたしの理解力が乏しいせいだけど、 先生、抽象的すぎるからもっとわかりやすくしゃべってくれないか


では『 リズヴァーンが望美死亡の運命しか行けなかった理由 』について。

死亡した人物は記憶が引き継がれないことをふまえると 、正確には『 リズ死亡・望美生還の運命に辿り着くこともあったけど、望美に無かったことにされて覚えてないだけ 』なんだと思います。


リズ死亡で望美が逆鱗使うとリズの記憶が失われ、その後望美死亡でリズが逆鱗使うと望美の記憶が失われる。
よって、いつまでたっても互いに過ちに気付けない。

運命が変えられなかったのは、
・逆鱗を二人が同時に所持、使用していたこと
・リズ先生の だんまり単独行動 による望美の反発
・記憶初期化でいつも同じすれ違いが生まれた
主にこのあたりが原因かと思います。


今回ループを抜け出せたのは、死亡した望美が記憶を持ちながら短時間の時空を遡ったこと、これが鍵となったんだと思ってます。なんでそんな現象が起きたかなんてのはそれこそわからないので、神子パワーとでも思っておきます。


それにしても望美は他ルートでは一発で死亡フラグ折るのに、リズ先生てば何度繰り返しても変えられないなんて 不器用すぎなんですか ね。こう評するのもなんですが可愛い




そして後日談、ほのぼのデートかと思って油断してたら不穏なBGMが・・・。


えー・・・、あの、先生、

病んでない? (;゚д゚;)


残酷なループを経験したにも関わらず回り続ける観覧車を気に入り、緊急停止にも『この時が続けば』と願う。 あの世界で繰り返される生と死を『神子との無限の出会いが約束された場所』と語る


((((;゚Д゚))))




確かにあの世界ならやり直しがきくし、永遠に神子と過ごせる。数え切れない神子の死を目の当たりにして正気を保つには、そういう考えに縋るしかなかったのかもしれない。
逆鱗に頼りすぎて、本編よりエンディング後の方が不安定とはこれいかに(笑)自分の元いた世界じゃないから尚更常識も通じないし、何かあったらっていう恐怖に苛まれるんでしょうね。

『信じられる』と言って心の奥底では信じられない、とても面倒過保護な人になりそう。



というわけで、わたしのリズ先生萌えのピークは清盛戦直後までだったかも。

本編では気にならなかったけど、日常ではもうちょっと自分の意見を言ってほしい!
『夕飯何がいい?』『お前に任せる』『明日どこへ行く?』『お前に任せる』『どれにする?』『お前に任せる』 ごめんなさい、ストレスマッハです (笑)
先生はもっとわがまま言ってもいいと思うよ。

追記 リズ先生ごめん考え変わったわ