読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

遙かなる時空の中で3 知盛感想

遙かなる時空の中で3 with十六夜記 愛蔵版


平知盛


見た目   ★★★★★★
性格    ★★★★★★
声     ★★★★★★
糖度    ★★★☆☆☆
シナリオ  ★★★★★★


最萌決定


ネタバレ注意!!!!






大穴くるかもとか言ってたらものの見事にそうなりました知盛です。
中身が不良系というか好戦的な男くさい感じは好みじゃなくて今までセリフもとばすくらい ガン無視 だったんだけど裏4章イベントと協力技で 最萌決定しました (単純)

なにあの舞のスチル美麗すぎ。萌え萌え!!!

怨霊退治もそうだけど、敵対同士の一時の協力関係、共同作業?的なシチュエーションって大好物です。敵だったからこそのギャップに急激に惹かれるけど一緒にいられる時間はごくわずか・・・という切なさとジレンマがたまんねえ(*´д`*)ハァハァ
同じく敵対してる将臣とは幼馴染みだから比較的安穏としてるけど、知盛と行動するのは初めてだから互いに腹の探り合いしてるのがまたいい


知盛って目つきの悪いただの戦闘狂かと思ってたんですけど関わってみると意外や意外、まず短気を起こさない。舞や詩などの嗜み、丁寧な言葉遣い、目上の人物には然るべき態度がとれるなどわりと常識人かつロマンチックな人でした。戦闘狂には違いないけど。敬語を使ってからかわれたかと思いきや、真面目に答えを返してくれたり、あと好意的な感情はストレートに告げてきます。・・・・・・あれ?これって好きな感じだ(笑)
元々見た目と声がどストライク、性格までギャップでこられると好感度うなぎのぼりなわけで。そうなるともう言動ひとつひとつがツボに入って狂喜乱舞ありがとうございますなわけですよ。

そうしていい感じに熱くなってきたところで悶え転がったのが協力技。


『来いよ・・・』


ぎゃふwwwwwwww
ヾ(⌒(ノシ ^q^)ノシwwwww



なだそのボイスは!!! (ジタバタ)
向かいあって 望美の背中に手添えてる !!!
たたたたたまらん!!!!!!


というかよく見たら戦闘の入りで袖を抜くモーションがあって刀くるってするしもうひとつは口にくわえてるしなにこれかっこよすぎか


楽しいひとときはあっという間なもので、知盛との楽しい協力関係にも別れがやってきます。一緒に行きたい気持ちをぐっとこらえる望美。わかるよ、行けるものなら全力で行くさ。でも源氏のみんなを裏切れないよね!
そんな望美の空元気をみやぶる譲。どうせ兄さんと何かあったんだろ、と、間違っちゃいないが惜しい。

『無理しないでください
元気なふりをしなくたっていいんです
俺ーーたちは、八葉は、先輩を守るためにいるんですから』



俺・・・ " たち " ね。 譲頑張れ ヽ(;▽;)ノw




この後はひたすらやり直しのターン。
共通エンディングの見落としで何度やっても知盛に逃げられる不毛な大団円w 銀、悪いけど今話したいのはお前じゃないw

ようやく気付いて共通終章を辿ったらがっつり会話の追加やら新しい展開が待ってました。
しかしやっぱり知盛は戦いに負けて入水する運命らしく、呆然自失の望美。


『ここでも駄目なの?
あの人が生きる道はここにもない』

『先生 これが、変えられない運命なんですか?
私は、何度あの人の死を見るんですか・・・・・・
何回、あの人を殺してしまうの?』

よりにもよって先生にきいてやるなww


そんな望美に励ましの言葉をかけ背中を押してやる先生。なにこれつらww 先生頑張れ ヽ(;▽;)ノw


一応決着はついたので逃げた平家を追うのは諦める一行。唐突に締められる物語。


リズ『神子はどうする?
もし帰ることができるなら、元の世界へ帰りなさい
無事に帰すことが八葉にとって何よりも尊い』

八葉にとってじゃなく先生にとってでしょう
ここにたどりつくまでに血のにじむ思いをしてきたくせに何も言わずに見送ろうとするなんてせんせえええええええ。゚(つД`)゚。




さあこれで条件は揃いました。大団円へ行ったらようやく知盛を追っかけることができました。
しかしこの運命では望美と知盛は出会ってすらいませんね。

雨宿りしたことも、舞を披露したことも、殺し合いをしたことも、

(この知盛は覚えていない)



なんかリズ先生の運命 Ver.望美みたいになってますねw
先生と違うのは望美が貪欲なところ。
戦いにしか興味の持てない知盛にただ自己紹介したところで相手にされるはずありません。どうしても覚えていてほしい望美は剣を構え言います。


『私の剣を覚えていて
せめて、わたしの剣だけでも忘れさせない
戦いの中でなら、あなたを楽しませてあげられるよ
忘れられないくらいに』



これはいい啖呵、 かっこよすぎる 。本当にヒロインかw
これまでに運命何周もしてステータスムキムキなんで説得力ありすぎます。


そんな望美の主張を願望じゃなく欲望だと言う知盛。

『清らかで優しい神子様の衣を脱ぎ捨てたお前はーー
獣のように、純粋で・・・貪欲で、美しい



このセリフ、春日望美というキャラクターにストンとあてはまりました。今まで敵味方と望美はやれ清らかだ、やれ神子様だと褒め讃えられてきましたが、よくよく考えたら 自分の好きな男のために運命を上書きする女 です。
その運命で生きていた、助かったモブたちが上書きした運命で命を落とすことだってあったはず。そのあたりを言及すると身動きがとれなくなるので仕方のないことですが、銀ルートなんて生存かつ戦に決着がついたにも関わらず時空を越えてます。貪欲ですね。
別に嫌悪するとかそういうわけではないですが、知盛がスパッと指摘してくれたことで望美の本質が見えて妙にすっきりしました。


初めて1体1で知盛と激しく斬り合う望美。

(本気で私を斬ろうとしてる
本気で私を見てる

あなたの太刀筋が見える
あなたが私の剣をかわす動きが見える・・・
こんなに近くに、誰かを感じたことはないよ )


日常が退屈で戦しか楽しめないという知盛。これに共感するのってなかなか難しいと思うんだけど恐らくは彼も望美が思ったように感じていたんでしょうね。


さらに斬り合いは続き知盛の挑発が入ります。

『お前は・・・俺が欲しいのか?ーー切り刻む・・・ほどに』

『私はあなたを、
欲しい あなたの全部が
血も肉も、骨も・・・魂もーーあなたのすべてを、諦めない
あなたが生きてさえいればいいなんて、もう思えない


『もっと楽しませろ 刻みつけてみろ
そうでなければお前はただの一夜の相手にすぎないぜ?』

『あなたに、 私を刻んでみせるーー


名言か(;゚Д゚)
惚れる


剣じゃ埒が明かないため束縛で知盛の動きを封じる望美。以前知盛にやられた技だね。
手段を選ばず想いに身を任せて違う時空から自分を求めてきたその貪欲さに根負け、ついに観念した知盛。


『・・・・・・来いよ』

『来いよ 俺を・・・手に入れたいんだろう?
そのために、時空を越えたんだろう?
俺は・・・・・・ここにいるぜ



ギャハー!。・*・:≡( ε:)いきますいきます



『お前は俺を知っていても、俺はお前を知らない
それでもーー
何も知らない俺をお前は、求めていたのか?』

はい、当然浮かぶ疑問ですね。
これに対して、いつも知ったあなたは死んでしまった、殺してしまった、だから生きてさえいてくれればよかったと答える望美。いやここまでしといて今更可愛こぶんなと、それだけじゃ満足できないだろと知盛は指摘します。

『俺が、欲しいか?』
『欲しいよ あなたのすべてがほしい


ならば、

『お前を・・・見せてみろよ
もっと・・・俺にお前を感じさせてくれ

『俺の・・・神子殿』





0(:3 _ )~




浜田ボイスたまんねえ。




というわけで無事死亡フラグを折ることに大成功!
ついでに一晩で落とすという驚愕の知盛ロマンス

持って帰ってきたのには盛大に笑いました(笑)いい意味で。 退屈だとのたまってた生まれ故郷の世界を捨てて、文字通り望美にすべてを捧げたわけですね知盛は
しかも彼シャツみたいなスチルが出てきてもう息切れと動悸が治まらない。死ぬのかな?わたし、死ぬのかな?(^^)


『お前の熱が欲しい』
『お前の声が欲しい』


やだもうこのふたり(´^∀^`)欲しい欲しいっt

『・・・お前が欲しい』


;:゛;`(;´ ^;ж;^ `; )ブフォッッ





げ、

げろあまーー 0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_ーーーーーーー





ありがとうネオロマンス




あああ全部持ってかれたー!!!!!(笑)

キスすらしてないのになんなんでしょう、この甘さは
多分他の面々がこんな直接的なこと言わないからだと思うんだけどにしてもこの破壊力。

完 全 に 白 目 。



後日談は笑えました。
知らない男(ガラ悪そう)連れて朝帰りしてきたらそりゃみんなびっくりするわなw これにはさすがの譲も諦めの境地

『昨日の夜森で会って』
『意気投合して連れてきちゃった・・・みたいな感じかな』

間違ってはないけど(笑)

白龍『誰とでも仲良くなれるのは神子の美点だね』
九郎『そういう問題じゃない! もといたところにさっさと戻して来い!
捨て猫か何かかwww

『そんなの嫌です!
ここまで連れてくるのすっごく大変だったんですよ!』
確かにそうだけど誰かつっこめww

そして朔、朝まで引っ張りまわして離さなかったのは望美だよ(´^∀^`)


知盛『心外だな』

ぎゃwwwwwwスチルwww


知盛『夜明けまで俺を離さなかったのは神子殿のほうだぜ? 明け方の光が差し込んでもなお・・・貪欲に俺を求め続けた
おいwww誤解を招く言い方はやめろw

景時『ええっ?』
敦盛『ほ、本当なのか・・・?』
言わんこっちゃない!/(^o^)\

望美『斬りあってただけです』って本当だけどそれもちょっとどうかと!w

リズ『私は・・・ 神子に教えるべきことを間違えたか
ああもう先生も落ち着いて!(笑)


将臣もやってきてもうてんやわんやである。
玄関での物音に『あっオレ見てくるよ 結論は任せたから!』と颯爽と逃げる景時さんwww
重衡来ましたw

『十六夜の君!』

収拾つかねえww
えっと、重衡、大団円でも思ったけどお前そんな軟派キャラなのw


望美をかけてついには武器まで出してきてぴしゃりと怒られる兄弟w
望美の容赦ない感じと、譲歩する知盛の関係がすごく好きです。このふたり遠慮とか変な気遣いが必要なさそうでいいカップルだと思います。呆れたり怒ったり、わちゃわちゃしながら最後は知盛の余裕に言いくるめられる望美がいたら可愛いと思います。



というわけで無事知盛攻略も終えました!
あとは十六夜エンドを見ていないキャラがチラホラいるのでそれは埋めようかな。

まさか八葉じゃなく知盛にハマってしまうとは思いませんでしたがシナリオも望美との関係性もキャラクターもすべてが本当にドンピシャでした。一緒に行動できるのはごくわずかで絆の関も個別シナリオもないのに、よくこんなに上手く結ばれたなと感心するばかりです。
望美の行動力と押しの強さに感服。

末永くお幸せに!