ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

ゆのはなSpRING! 宏太感想



佐伯 宏太 

f:id:momoumashi:20151220163219j:plain



オススメ攻略順でやっていくのでまずは宏太から。
声が石田彰さんということで、直前の遙か3の先生が抜けなくてしばらく悶絶。若いリズ先生・・・!若いリズせんせい・・・!わかいりずせんせ




宏太は旅館の料理人。誠実な堅物、それでいてちょっと天然入ってるような人でした。目つきが悪くて目を合わせただけで子供に泣かれるぐらいぶっきらぼうなようですが、実はとっても優しくて作る料理も愛情深いものばかり。
動物が大好きなのになぜかいつも嫌われてしまってしょげるところが可愛いです。隙あらばもふもふしたいと夢見てるところも可愛いです。興奮気味のもふもふ予告は笑ったw


宏太は非常に男らしいですが、恋愛に関しちゃ意外と女々しく本人も自覚してまいってました。
多分ゆのはが初恋なんでしょうね、思考が乙女チックで あれ?主人公どっちだっけ?という(笑)

このゲーム、まめに攻略相手の視点に切り替わるので相手がどう思っているのかがわかりやすいんです。乙女ゲームだけど少女漫画のような。主人公に投影するよりは第三者の感覚で見てるような、むずがゆくもすごく応援したくなります。


シナリオは無難な感じでした。特別悪くもないし良くもない。福寿楼は料理を売りにしているということで、料理人である宏太と若女将であるゆのはの絡みはもっぱら食に関することばかり。やっててものすごくお腹が空きました。寝る前にやってはいけない。また、夢があるという点で意気投合、互いに意識しあう流れも自然でよかったです。七緒ちゃんもいい仕事してたしね。

そしてなんといっても
最大のキュンポイントは告白シーンでしょう!!

あれは・・・恥ずかしい!!!(笑)

宏太の奥手からのあまりの男らしさに卒倒。こうと決めたらストレート。
おまけシナリオなんて砂糖食ってるかと思うくらい甘かったです。そういえばこれ、乙女ゲーだったな・・・。


エンディングは2つあって、長さも多少違います。
多分長い方がトゥルーエンド扱いかな。もうひとつはおまけ程度ですね。
ED1はゆのはの進路が事後報告になってしまったのがとても残念でした。どっちを選んでもいいけど葛藤とか選択の瞬間はちゃんと見せて欲しかったな。そのへんは宏太にもってかれちゃった感が否めません。



さてわたしが思う宏太の好きなところは、ストレートさ誠実さはもちろん、やっぱり一番は声、ですね。ぶっちゃけただの石田さん贔屓。
宏太は無愛想ですが声に表情が出ます。普段は淡々としているのにゆのはやフクに対しては優しさや悔しさといった感情をこめた話し方をしてる。石田さんの演技にときめきとリピートが止まらない
あとは、照れてまごついたりゆのはの返答におおはしゃぎする宏太もゆのはにしか絶対見せない顔ですね。この特別感 大好物です(ノ∀`*)にやにや



というわけでまったり1人目を攻略いたしました。
甘い石田ボイスを堪能できて幸せです。

次はぽややんとしたドジっ子従業員、直昌いきます!



※「ゆのはなSpRING!」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。