ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

英国探偵ミステリア ネタバレ無し総評

 
英国探偵ミステリア(PSP)のネタバレ無し総評です。
購入前の参考にどうぞ。


英国探偵ミステリア (通常版)

英国探偵ミステリア (通常版)


✱攻略前気になるキャラ
 ホームズ>ルパン>ワトソン、明智、ジャック
✱攻略後好きなキャラ
 ジャック>ルパン≧ホームズ>ワトソン、明智


 システム

・× 目パチ、口パク、デフォルト名呼び
・〇 主人公の顔・立ち絵・ボイス、アイキャッチ、ファミリーネーム呼び、選択肢スキップ
・時間制限ありの選択肢


 シナリオ・主人公

・9章までが共通シナリオ、10〜13章までが個別シナリオ
・各goodエンド、sadエンド(キャラによってノーマルだったりデッドやバッド)がある
・推理は簡単
・すべてのエンドを見ると真相ルートが解放
ストーリー:とある事件の真相を知るために探偵を目指す主人公。ひょんなことから探偵の卵が集まる学園に通うことに。個性的なクラスメイトとともに事件解決のため奔走する。
主人公:好奇心旺盛な貴族のお嬢様。一度気になると危険を顧みず足を突っ込まずにはいられない。身分を気にせず誰とでも仲良くしたい積極的なタイプ。呑気そうに見えて意外と考えている...ような、いないような。


 イラスト・音楽

・イラスト:崩れなく上品で美麗。
・音楽:こちらも上品で豪華。緊迫シーンでは特に盛り上がる。各キャラクターにイメージ曲が1曲ずつある。それに歌詞を入れたon vocalバージョンのキャラソンがある。(本編では流れません)


 プレイ時間

共通の1章1章は短く4、5時間程。個別は3、4時間程。


 こんな人におすすめ

・少女漫画のようなタッチが好き
・ご都合主義ハッピーエンドが好き
・ホームズ、ルパン、切り裂きジャックの名前に惹かれる
・ファンタジー要素無しの学園ものが好き
・男女含めほんのり逆ハー
・ミステリー風味を味わいたい


 攻略について

オススメ攻略順
ワトソンorホームズ→明智→小林→ルパンorジャック→真相
マープルとベーカー街はお好きなところにどうぞ。

・ルパンとジャックは2週目から。(私はワトソンgoodとsadエンドを見た時点で解放されました)
・真相ルートは全てのエンドを見ないと解放されないので、悲恋回収が苦手な方はsad→goodの順で済ませた方が後味がいいかも。特にジャック。
・個人的に一番ドラマチックで甘かったのはルパン一番切ないのはジャック
・主人公と近しく登場回数が多いので世界観のつかみやすさ的にワトソンかホームズを初回にしましたが、明智から特攻してもいいと思います
・ワトソンとホームズ、明智と小林はつながってるところがあるので続けてやるとわかりやすいです。
・個人的にはルパンやジャックの話がインパクト大だったので、この二人は最後に回した方がいいかも。
・主人公が追っている事件の真相は真相ルートでしか明かされません。
ルートによっては主人公の言動にイライラさせられる場合があります。学習せず周囲の足をひっぱりがちなのはワトソン、次いでホームズルートでした。
ワトソンはジャックの前にやった方が無難です。後だときっと彼らの友情にモヤモヤします。



私の攻略順は
ワトソン→ホームズ→明智→小林→マープル→ルパン→ジャック→ベーカー街→真相 で、この順番でやって満足しています。


 総評

実は初回ワトソンルートをやった時点で、これは積むと思ったほど主人公が合わなかった作品です。基本的に守られ系で、それ自体はいいんですが、身を守るすべを持たずに自ら動き回るのがどうしてもイライラ。せっかく攻略キャラはかっこよくておいしいシチュエーションもあるのに、主人公が好きになれないととたんにしらける...。

でもフルコンプしちゃいました。

さすがに一人やっただけで投げるのももったいないので他のキャラをやってみたら、さっきと感触が違う。受け入れられました。次、また次とやっていくと、どうやらこのゲームの主人公はルートによって行動にだいぶ差がある、ということがわかってきまして、一番初めが一番イライラする主人公だったおかげか、以降は右肩上がりで最終的には好きになれました。
最萌えも見つかったし、順位はつけたけどみんな大好きです。キャラソンサントラ、イベントDVDにまで手を出してる自分が怖い。

こういうパターンもありましたということで、高評価につられてやってみたけど思ってたのと違う...とがっかりしても、すぐに積まないでもらえたらなぁと思います


ミステリアの世界では主人公たち学生探偵が殺人事件に関わることなんてザラで、犯罪組織にだって踏み込んでいきます。シリアスに話が進んでても、最終的にはご都合ハッピーエンド。本格的な推理はないしツッコみどころ満載です。萌えるなら生暖かい目で見守ってやるぜ!な方には合うと思います。あ、恋愛過程は丁寧です(^^)v


周回は選択肢スキップにだいぶ助けられましたが、わざわざ選択させる必要がないものもたくさんあってそれが面倒でした。優柔不断な私には時間制限が設けられているのも地味に嫌でした。そしてどうやら私だけではないようなのが、音声のぶつ切り。頻繁に語尾が切れてちょっと萎えます。Vita坂では改善されているようです。
まぁやっているうちに慣れてくるというか、システムの不満点は確かにあるけど、それ以上に得たものが大きかったので今となってはどうでもいいことだったりします。


Vitaに移植されているゲームはそっちを買うことが多いですが、ミステリアはあえてPSP版にしました。理由としては、正直に言うとそっちの方が評判が良かったから。キャストと絵師までも変更されているなら最初からVita版をやればよいものを、と自分でも思うんですが、私は移植するほど人気が出た元々のミステリアをやってみたいと思った。...やってよかった。ハマったゲームはキャラソンも聞きたい!というタイプの方はぜひPSP版をおすすめします。歌ってらっしゃるのは前のキャストですから。デメリットとしては...やっぱりVita版、そしておそらく今後出るかもしれない続編に複雑な思いをするかもしれないこと、ですね。それでも私は前のキャストさんの演技に触れられて満足しています。


ミステリアはイラストをはじめ音楽、キャラクター、糖度...全体的に上品で、可愛らしい、という言葉がぴったりな作品です。
重い部分もありますが、ご都合主義というのは逆に、何があっても最後は報われる、ということですから。好きな方には安心してプレイできる乙女ゲームです♪