読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

華ヤカ モダン 博感想

宮ノ杜博(cv:岸尾だいすけ)

f:id:momoumashi:20160817175207j:plain

見た目  ★★★☆☆☆
性格   ★★★☆☆☆
声    ★★★☆☆☆
糖度   ★★☆☆☆☆
シナリオ ★★★★☆☆


華ヤカは何年か前にOVAを観て、やりたいなーと思いながら手を出せずにいました。そうしている間に、OVAの内容も末っ子が一番手酷いということ以外はすっかり忘れてしまっていたので、いい感じに新鮮です。

手を出せなかったのは何故かというと、このゲーム、人気なんですが主人公の好き嫌いがぱっくり分かれているようで。乙女ゲーでは攻略対象より主人公が良いか悪いかを気にしてしまう為、買うのに悩んでしまいました。まぁでも、同じく評価の分かれているダンデビの主人公だって私は好きだと思えたから、…やってみないとわからないよね!(笑)
それに華ヤカは身分差、初期好感度最低、ツンデレ…と、私の好き要素がつまってそうだし、…ぐだぐだ言わんと、やってみればいいよね!(笑)



博から始めたのは単に作業効率です。後々楽な方がいいので…。
今のところ気になるのは長男、次男、末っ子、それから隠しです。


末っ子の雅が何て言うか一番すごいので、雅が飛びぬけて我がままな子供だと思ってたんですが、博もまー…よく癇癪を起こすw
何でもわかっている気になっているだけで、何もわかっていない、周囲に甘えている子供だなぁと思いました。
でもその分、終盤にかけての成長が楽しめるキャラクターです。

主人公に関しては、使用人としてどうこうというより、恋愛面で「えええ…」と思うことがありました。博に説教するのはいいけど、自分はどうなの、と。モヤモヤしてしまいました。


では、以下ネタバレです。










●はるをいじめるな!

はるにあげた掃除道具を壊されて激怒した博が、もうはるをいじめるなと雅の胸ぐらにつかみかかったシーン。
ぶっちゃけると私、博がかっこいいと思って盛り上がったピークはここでした。序盤すぎる(笑)



●無自覚の恋

やたらと「友達になりたい」とこだわっていたけど、博は恋をしたことがないのかな。はるに対して起こる様々な感情は、はたから見ていれば一目瞭然なんですが…。誰もそれが特別な感情だと教えてはくれないw
はるもはるで、わかっているような、いないような。モヤッ。



●何で判ってくれないんだよ!

自分がこう思うから相手もそうに違いない!何で?おれはこうなのに!!
博って優しいように見えても、自己中心的な考え方だと思います。”判ってもらえる”っていう甘えが常にあるから、うまく事が運ばないと癇癪を起こすんですね。博が声を荒げるたびにため息ものでした。しかし喜助のアドバイスは的確だったw



●落ちこぼれの自分

祖父は首相、父は宮ノ杜当主、母の家は華族、政治家の親戚。妹ですら許婚がいて将来が決まっている。自分だけが何もない。劣等感を感じる博ですが、それは単に反発してるからだと思いましたね。
進に叱られたりして、次第に自分は甘えていたんだ、独りでは何もできない子供なんだということに気付きます。
立ち直りが早くすぐ行動に移せるのが博のいいところだと思います。



●博の成長

洋行がおれを変えるんじゃない、おれが変わろうとしなきゃ変われない。
…色々あって、博の口からこんなセリフが。ああ、成長したな~と思いました。子供っぽいキャラは好みではないんですが、こういう成長を感じるシナリオは好きです。
はるにこだわっていた博が別れを告げ、5年後再会できることを淡く期待しながら出立したラストが綺麗でした。完全にバッドエンドだと思いましたけどねww
再会後は、晴れて結婚を決めたふたり。
ここまで5年かかったね、でも必要な5年だったね、という会話がはさまれます。私もそう思います。




博のことを散々子供だと言いましたが、素直でひねくれてはいないところ、反省し挽回しようとする前向きなところはよかったです。
御杜とのやりとりは最後の方は博が上手のようでしたし、やればできる子ですよね。ただ決着があっさりすぎるなぁとは思いましたが。


あと、はるですね。ドジだとか使用人らしくないとかは、博がフレンドリーなのでそう気にはならなかったです。でもモヤモヤすることもあって。
博に「あなたの気持ちが判らない」とか怒る前に、まず自分の気持ちを自覚して伝えたらどうなの、と思いました。
博の方は気持ちを伝えていこうと変わっていってるのに、そのことで説教たれた自分は照れてはぐらかすってそりゃないでしょう(^^;)
タメ口、呼び捨て、街中で腕組み…までしてるのに、この時代「好き」という言葉はそんなに言ってはいけないことなんですかね…?感覚がわからない;;
照れているにせよ、身分を気にしているにせよ、はるが博に対してどう思っているのかをもっとはっきり描写してほしかった。
洋行中、待つと覚悟を決めたはるはよかったんですけどね。



次は長男・正です。


※「華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社イチカラムに帰属します。