読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

華ヤカ モダン 進感想

華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ


宮ノ杜進(cv:梯篤司)

f:id:momoumashi:20160827221253j:plain

見た目  ★★☆☆☆☆
性格   ★★☆☆☆☆
声    ★★★★☆☆
糖度   ★★☆☆☆☆
シナリオ ★★★☆☆☆


正直一番期待はしていなかったんですが、ルート出だしは結構笑いましたw
進は、まぁ、優しいんですが淡々としたところもあって時折怖さを感じます。普段おとなしい人がOOするとなんとやら…とういうように、色々とギャップのあるキャラクターでした。話し方の演じ分けが上手かったです。


進にも悩み事がありそれが原因でギクシャクしてしまいますが、解決に至るまでが主人公蚊帳の外かなーと思いました。そんな言うほどでもないかもしれないですけど…。


しかし意外なところでカップルが誕生していて、そっちの方が気になったwお似合いだと思います。



以下ネタバレ注意!!










●意外な進

花火大会ではぐれたはるを迎えに来るのは恒例行事となっていますが、進の場合「他に誰も行かないから仕方なく自分が」みたいな雰囲気で来るんですよね…。あ、はるに対して心配とか怒りとかないんだ。なんか面白くないなぁと思っていた原因はこれでした。上っ面なんだ。
でもはるがいい感じに砕けさせててちょいちょいやりとりが笑えましたw物真似普通に上手いし、酔っ払いシーンとか。進にツッコミを入れさせるはる、いいぞいいぞ~(笑)
貸した本を水浸しにされて「納得できん!!」って運転荒くなるところとか、意外なようでお前もかww




●母の教え

一般家庭産まれの進は、宮ノ杜でもそつなく生きられる術を母から教わり育ちました。
「女性に優しく」は玄一郎がそうだったから、という文子ののろけ話w今でも好きとか文子ママ可愛い
しかし母の願いに反し、進は言いつけ通りの心のない優しさを身につけてしまいました。
大事なものの為なら愛想笑いも頭も下げる事も何でも出来る。宮ノ杜で生きる為に、小さな頃から我慢を続け本心を隠してきたから進自身の意思は行方不明になっちゃったのかもしれませんね。



●本当の自分

はるが撃たれ、進は人が変わったように発砲し続け三治に重傷を負わせました。
お前誰だよ?!ってくらい口調も変わってたのはちょっと笑ってしまったけどまさか進がこうなるとは
どうやら昔も似た事があったらしく、その時の犠牲者は玄一郎だったよう。これについては何が引き金だったのかはハッキリせず、確か母親絡みであったと思います。

進は当主争いにおいて、自分の宮ノ杜での存在価値を見出したいと言っていました。そして、今までの24年を無駄にしたくないとも。

他人を大事にすることで自分を見出していた進にとって、三治に裏切られたのは=人生を無駄にされた ように感じてしまったのではないでしょうか。
友人を撃っても何とも思わない心。本当に大事だったのは自分自身だったんだと進は気付きました。



●まるで機械

事件以来、感情が抜け落ちたかのように人と接する進。
元々他人に興味が無かったと言っても、以前とは全然違います。あまりにも機械的でした。
本当に興味が無いんじゃなくて、この時は興味を持たないようにして自分の心を守ってたように見えました。それくらい三治の裏切りは堪えたんじゃないかな。



●興味のある人、無い人

何故か腹が立つ。何故か嫌だ。例え負の感情であっても、はるや三治は進にとって知らんぷりできない人間なのでした。

縁談を止めに行くシーンは王道でよかったですv ただはるの言う通り、今更遅いよね...(笑)
残念だったのが、「この気持ちは何だ?」ってわからないわからないと引っ張ったのに、三治の見舞いの帰りには「もうわかった」って流れになっちゃってて。
その間の会話見たかったなぁ〜!(^_^;)





進ルートのはるが一番好きでした。距離感がちょうど良い。
でもどちらかと言うと私は二人で問題を乗り越える展開の方が好みなので、「離れている間に時間が解決してくれた」みたいな進ルートは物足りなかったです。
もうそんなこと言ったらどのはるが良くてどのはるがいけないのかよくわからないけどww
三治とも意外と上手くやっていけそうだったし、そのまま三治ルート突入なんてのも満更でもなかったり(笑)
でもたえとフラグが立つんですよね、それはそれでお似合いです。何でもいいのか私は(笑)


玄一郎については、茂ルートの後だったので終始ぐ ぬ゛ぬ゛って感じでした。茂ルートやった方ならこの気持ちわかってくれると思いますw


進はちょいちょいギャグを挟みつつも、残る印象は「重たかった」というところです。
最後は普通に幸せになってくれてよかったです。

...進ってSっ気あるんだなぁ。



次は雅です!


※「華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社イチカラムに帰属します。