ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【ネタバレ無&有】悠久のティアブレイド シュド感想


シュド(cv:石川界人)

f:id:momoumashi:20160911185052j:plain

見た目  ★★★★★★
性格   ★★★★★☆
声    ★★★★★☆
糖度   ★★★☆☆☆
シナリオ ★★★★★☆


公式のお勧め攻略順が「初回は必ず好きなキャラから」とアナウンスしていたので、シュドとアタルヴァ、どちらから始めるかとても悩みました。だってどっちも魅力的なんだもの!

世界観が作り込まれていて謎も多く、主人公がキーとなっているお話なので、初回は真相に一番関係なさそうなキャラから入って巻き込まれていきたい。そして、主人公から一番遠い人が一番近くまで上り詰めるその展開に期待したい。そうすると、シュド、アタルヴァ、ヤジュル、ロウ、クレイドル、これらを並べた時に誰が一番主人公から遠いか考えたら、シュドかなぁと思って選びました。
…うん、ここまで考えなくていいと思う。


シュドと主人公は、結果的には全く関係なくは無かったです。というか、これはどのキャラを選んでもがっつり絡んでくるものかとwシュドとアタルヴァ、どちらから始めても種明かしの量は多分一緒だろうし、シュドがメインヒーローとは言え、どのキャラもおいしい設定持ちだろうと予想しています。そういう意味ではみんなドラマティックに展開してくれるんじゃないかとワクワクしていますw

また前置きが長くなってしまいました。


シュドは、リーダー性があって器用で、あの面子では一番常識人です。どこか危なっかしいイヴにおかん発動するのが微笑ましかったw
イヴには「~するね」って子供に言うような話し方をするのが好きです。
お人好しすぎるところもあってそこは何だかなーと思ったりしたんですが、とある理由を知った時に印象が変わりました。


どのスチルも綺麗で印象的ですが、特に、ラストが洋画の最後みたいでお気に入りです。
映画を1本観終えたかのような余韻に浸っていますv


以下ネタバレ注意!!










●告白

告白するの早すぎない?と最初は思いましたが、後になってみると絶妙なタイミングでした。
想いを通わせ、未来を語る幸せなシーン...の直後です。

イヴ消滅の真実と、シュドの発病

襲いかかる現実に、さっきの告白は何だったのかと言いたくなるくらい二人共動揺していました。
「死にたくない」という感情が、皮肉にもあの告白によって引き立てられていたと思います。
シュドがティアブレイドの権利を取り消されるシーン、すごく人間らしくて好きなんですよね。

私の想像ですが、二人の好きの割合がラスト時で10だとしたら、この時はまだ5くらいだったんじゃないでしょうか。
所詮その程度の想いだったんだな、っていうのが浮き彫りになり、後悔し、足掻き、ラストにかけて確固たるものになる感情の動きがとても良かったです。



●消えなかった命令

シュドが世話焼き体質なのはそういうことだったのかー!!
イヴの意志を、自らも気付かずに何度生まれ変わっても守り続けていたと...ちょっとちょっと、そういうの弱いよヽ(;▽;)ノ
「立派な騎士になってみんなを守ってね」こんな言葉はイヴにとっては一騎士に送る常套句だったかもしれませんが、シュドにとっては名前と生きる道をもらった運命的な瞬間だったんですね。恋心まで抱いていたかはわかりませんが(だとしても片思いだろうけど)、シュドとイヴはかつて騎士と姫という関係なのでした。
この過去が明かされてから改めて思いました。思い出す前に「好き」って言ってくれてよかったな〜と。



●死ぬよりも辛いことがある

現在のイヴを助けにネオスフィアへ戻ってきた現在のシュド。
「イヴの善意を無駄にするのか?」というアルカディアの揺さぶりにもひるまず「ああ、そうだよ!」と言い放った潔さ、もう迷わないっていう目がかっこよかったです!

かつてのイヴが、自分に生きる道を与えてくれた。
「みんなを守る」という命令は何度生死を繰り返しても消えなかった。
そして今、シュドが恋をした少女は何千年の時を経て再会したイヴだった。

過去も今も含めていろんな意味で、守れなかったら「嫌だ」し「死ぬよりも辛い」ですね。

再び相対したロウへ「オレの邪魔をするな!!」と飛ばした怒声がもう最高にかっこよくて!!"(ノ*>∀<)ノよく言ったシュド!!



●過去と今

全てを思い出しても過去は過去、今は今とするシュドとっても好きです。イヴのことも、ちゃんと「姫様」と「イヴ」って呼び方変えて別人としてるんですよね。でももらったものは返すんだって。どんだけいいやつだよシュド!

イヴは、みんな過去の自分ばっかり見ていて挙句死ね死ねと言われていたから、シュドの「今のオレが好きになったのは今のイヴ、君だから」これは相当嬉しかったろうなぁと思います。私なら100%落ちます。ってもう落ちてるわ!1回目の告白よりずっと確かなものを感じました。



●統合、そして消滅

過去イヴが消滅し、再会が叶わなかったロウがあまりにも不憫でした。これはシュドルートだけど、だからってロウが嫌いではないんです...。過去イヴも報われて欲しいんです...。...と若干心苦しくなっていたらまさかの分離wwしかもナノマシンごと持ってって地上浄化wwそしてロウ達再会www

.........

都合良すぎわ~、良かったなぁ!(笑)☆



アルカディア

「データの世界なんて願い下げだ」と、今まで道具にされ続けてきたシュドが叫ぶんだからさすがの説得力でしたw
アルカディアは、思ってたより人間的で、神がどうとか...まだ謎が残りますね。でも、これだけは言いたい。
不老不死でナノマシンで、ロウとイヴはもはや人類では無いと思う!だからもうほっといてあげて!(笑)
トドメを刺すシーンがまた、スチル共々印象的です。



クレイドルとの別れ

アルカディアが終わったと思ったら、ネオスフィアの崩壊が始まる怒涛の展開。
過去イヴの時から片時も離れずそばにいてくれたクレイドルは、「さようなら」と静かに残し、笑顔で別れを告げました。

ク...
クレイドルは助けられないの〜!?。゚(゚´Д`゚)゜。

ここ一番うるっときました...。



●ハッピーエンド

地上は浄化され、イヴは人間となり、シュドの病気も治りました。ただティアブレイドは完全に機能を停止したようです。その傍らでキスをするあのラストが、どこか洋画みたいだなぁと思いました。だからか、まるで1本の映画を観終わったような余韻が残りました。
何度も言うけどいちいちスチルが綺麗で印象に残るんですよね...。過去から今、そして未来へ”繋げていく”ストーリー、素敵でした。



●トラジックエンド

正直なところナノマシンが便利すぎて、どうにかならないの?って思いました。だってまだナノマシン宿ってるんだよね?修復できないんだろうか(^^;)?





シュド、イヴの過去とは全く関係無いかと思ったらがっつり絡んでましたね。過去の一騎士とお姫様。ああ、いいなぁ。設定がずるい!
「世界を救う」だなんて馬鹿げた事から始まって、運命だと思って、思い上がりだったと落ち込んで。でもでもやっぱり、運命だったよね!!
個人的に前世ネタって地雷になることが多いんですが、シュドはすごく良かったです。多分、イヴを好きになって、記憶を取り戻しても過去に引きずられず、今のイヴが好きだと言ってくれたから。

初回からかなりの情報が開示されて、衝撃的なシーンもあったしすぐ負傷するシュドの不憫さに笑ったりギルかっこいいとか他にも色々思う事はありましたが、それはまたまとめられそうな時に書くことにします。いっぱいいっぱいで収拾つかないよ(^^;)!

まだ一人しかクリアしてないのにすごい満足感で、なかなか切り替えが難しそうなゲームです。
じっくり楽しんでいきたいと思います。


次はアタルヴァです!


※「悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。