読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【ネタバレ無&有】逢魔が刻 颯感想

逢魔が刻 〜かくりよの縁〜

 
 
颯(cv:細谷佳正)

f:id:momoumashi:20161012111143j:plain

見た目  ★★★★★★
性格   ★★★★★★
声    ★★★★★★
糖度   ★★★★★☆
シナリオ ★★★★☆☆


颯可愛いよ~!!!!


第一声からすみません(笑)

颯は木魂なので、他人の言葉を繰り返す事でしか会話ができません。人格も意思もしっかりあるのに自由に話せないのは、とてももどかしいですね…。
私、昔風邪をひいて1週間声が全く出なくなった経験がありまして、その時「会話に参加できない寂しさ」と「思っている事が伝えられない辛さ」というのは嫌というほど味わったので、颯の気持ちには少なからず共感しました…。


生まれて初めて自分の声が聴こえる存在...主人公に出会って、特別に懐いてくれる颯が本当に愛しくてきゅんきゅんしました♡

他人と接するのに慣れていない感じや、素直な言葉、主人公を想う健気さ、優しさ、強さ…。子供っぽい面もあるけど、それすら可愛く思えるほど、颯の邪気の無さに驚かされました。天然で大胆なので、指一本も触れていないのに「もうやめてえええwww」と叫び悶絶したシーンも(笑)
糖度★5にしましたが、これは物理的に甘いというより、きゅんきゅんきた数値の高さですねw


あと、私、細谷さんのお声がとっても好きなんですが、失礼ながら演技に関しては…あまり抑揚が無い方かなと思っております。(好きな方、気分を害されましたらすみません;;)が、颯の場合は、それが良い感じに馴染んでいらっしゃるんです。ある意味、これは細谷さんにしか出せない味だし、細谷さんでなかったらこんなに萌える事も無かったと思います…!公式のサンプルボイスと実際にプレイするのとでは全然印象が違って、こんな演技もなさるんだなぁ、とますます好きになってしまいました!


最後は世界がどうこうなんて話にもなっていきますが、案外そのへんはあっさり解決。颯ルートではあくまでも恋愛を軸にしているシナリオでした。「えっ?アレについてはそれだけ!?」と拍子抜けしましたが、まぁ終わった事はいいだろと(笑)、二人が結ばれるのに集中したのは乙女ゲームとして好感が持てました。颯の魅力は十分に伝わってきたしね♪


では、以下も可愛いとしか言っていない内容(途中爆発してるww)ですが、ネタバレしています。注意して下さいね。










●突然のギャグ

颯の可愛さを挙げるとキリが無いんですが、爆笑だったのが、付き合い始めて朝起きたら隣に颯がいたシーンww
「婚前の、男女が、別室...。」別におかしくないよ!と取り乱す水緒に 「じゃあ、結婚したい(キリッ」 と颯ww 集中線ww 突然のギャグにめっちゃ笑いましたw
この二人可愛いよ〜(*ノ∀`)♡ww



●見かけじゃなく中身

水緒は、颯のみならず奏太にも「先輩」と比べる時があったので、たまにモヤッとしました。
だから、気になるのは先輩で、颯じゃないよね?というカンナの指摘はよくぞ言ってくれたという感じでw

この点は最後まで丁寧に扱ってくれて、水緒も颯も見かけではなく中身に惹かれあったんだなぁというのがよくわかりました。

"デート恋人騒動"(笑)の頃にはもう恋心が確信めいてきて。
先輩の話を聴いて表情の変わっていく颯が可愛かったし、颯の良いところを言っているうちに、「私は颯の方が好き」ってポロッと言ってしまいそうになる水緒とか、颯に先輩が好きだと「誤解されたくなくて」焦る様子ににやにやしちゃいました...♡



●颯の声

「反論する事ができないから、どんな誤解も甘んじて受けなければならない 」それが、木魂の運命。
諦めるしか無かったんですよね。本当は悔しいし反論もしたかったと思います。だから水緒が自分の思いを聴いてくれる事が、心から嬉しかった。

水緒以外にも声が届くようになった時、颯は「みんなの声も初めて聴こえた気がした」と言いました。自分の声が届いて、それに対しての声が返ってくる事で、颯はようやく自分の存在を確立できたのかな?(*^^*)このシーン好きです...♪

二人だけの内緒話もよかったけど、みんなの「こいつこんなキャラだったのか(真顔)」みたいな反応も面白かったww



●すごく、おまえが欲しくて

きましたー!雨宿り→服脱ぐ→事故って押し倒すド定番(//∇//)ww
スチルがまた美しいのなんの!

様子のおかしい颯にどうしたの?って聞く水緒に、「恥ずかしいけど言わないのは卑怯かも」って、颯が頬を染めてまた一生懸命熱っぽく込み上げるものを抑えながら告白してくるものだから、私の心臓が破壊されるかと思いましたww


「すごく、おまえが欲しくて」
「欲しく、なって...」

やめろ!!やめろー!wwww


「好きだ」


っアーーー!!!!!!!!!!wwwwww/( ˆPˆ )\



欲しいとか足りないとかもっと触れたいとか畳み掛けてくる何この羞恥ぷれいwww颯!!わかったよ!!もうわかったから!!!(笑)いっそ触ってくれwww
細谷さんの演技凄まじい...(^q^)この感覚、遙か3の知盛以来ですww



●別れと再会

大好きな水緒の為に、魂をかけて現世に帰した別れのシーンと、瑠璃ヶ丘での再会のシーンにうるっとしました( ; ; )

また声が届かなくなって苦しむ颯は見ていて辛かったです(´-ω-。` )
現世に帰ってきた水緒も喪失感だけが残り、先輩を前にしても颯の事しか考えらず、彼がかけがえのない存在になっていたのだと実感しました。颯のそばにいたい、その一心で現世を捨てて幽世に戻っていく後ろ姿は、まさに恋する女の子...!。゚(゚´ω`゚)゚。



●ベストエンド

人間の結婚式の話を聞いて、「頑張ってみる」と一言決意した颯が、お披露目会当日にウェディングドレス+手編みの花冠をプレゼント...♡颯のこういうところ本当に好き♡憧れるなぁ〜( *´艸`)
「他の誰かを選んでいたらすごく苦しいと思う〜」発言は、これから他のキャラを攻略する身としてはとっても痛いww は、颯〜!ごめんね〜!!笑(*ノД`*)・゚・。



●グッドエンド

こちらは神籬の儀式は成功するも力及ばず、でも月白が何とかするよ、な展開。
正直、ベストエンドと分ける必要はあったのかな??と思います。



●おまけのifストーリー

バッドも回収で解放?おまけに追加されるアレです。

「颯がもし、売れっ子アイドルだったら!?」
なぜそうなったしwwというツッコミは置いといてww
よーくわかりました。颯は、木魂だから萌えるんだ......。
売れっ子アイドルの颯にいろいろ言われてもあまり響かなかったです;;





神籬になって具体的にどう幽世が救われるのか、そのあたりはぼかされるんですね...(笑)
このゲームを買ったのは、死魔役の藤原祐規さん目当てだったんですが、彼がやっと出たと思ったら寝込んでいる間に退場という扱いにもびっくりでしたww
カンナの事にも触れられないし、もう一波乱あるかと思った...何も無かった...。

颯ルートでは、あくまで颯と水緒が恋をして永遠を誓うまでをメインにしたお話。
だからか、全体を見て本当に綺麗だなーと思いました。
死魔もさっさと退場したので、二人を引き離すすごく悪意的なもの...が、無いですよね。

美しいシーンはたくさんありますが、瑠璃ヶ丘での告白「俺の声はお前が聴くためにあったんだ」は颯ルートの名シーンだと思います。


颯の飾らない言葉には何度となくきゅんとさせられましたし、主人公への愛し方がとっても好きです♡
常磐が言った「この馬鹿」ってセリフをそっくりそのまま「この馬鹿」と返す木魂カウンター(笑)に、恥ずかしい告白を「水緒、言ってやれ」と言わせようとしてくる揺るぎなさ、それで戸惑う水緒も可愛いったら♡(笑)
颯の拗ねた表情で全て許してしまう私は重症かもww



では次は奏太です!


※『逢魔が刻 ~かくりよの縁~』のバナーに使用されている画像の著作権は株式会社文化放送エクステンドに帰属します。