読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【ネタバレ無&有】逢魔が刻 奏太感想


礎奏太(cv:石川界人)

f:id:momoumashi:20161014222200j:plain

見た目  ★★★☆☆☆
性格   ★★★☆☆☆
声    ★★★★★☆
糖度   ★★★★☆☆
シナリオ ★★☆☆☆☆


最初に言っちゃいます。

全然萌えなかった(>_<;)...

この先辛口感想なので、奏太が好きな方はご注意下さい。



萌えないと言ってもこれは好みの問題だと思います。
恋愛過程が急というわけでもなく、最後もそれなりに熱い展開でしたし...。

奏太は想像よりチャラかったのが合わなくてwコミュ力高いけど腹の底が見えない、っていうのも苦手でした。基本的には優しいし、気配り上手で頼りになる子です。
主人公も、消極的...というかずっとテンションが低くて、このルートではあまり魅力を感じられませんでした。だから二人の心がぐっと近くなるシーンを見ても、「...で?」ってなってしまったんですよね;;
颯であんなにワーキャーしてたのに、この温度差ww
でも、いつも軽い奏太がふいに本音を吐露する、その一瞬の切り替わりは少しドキッとしましたし、石川界人さんの優しい声って安心します(^^*)


ベストエンドはモヤモヤ感がすごかったんですが、私だけですか?グッドエンドの方が好きです。というか、エンド分ける必要ないって颯ルートでも思ったんですが、奏太は特に、グッド展開からのベストエンドに繋げればよかったのにと思いました。



以下ネタバレ注意!!










●真逆の二人

奏太と水緒は、幽世で出会わなければ絶対に関わろうとしないだろうなって思いました。それくらい性格が真逆。私も内向的なタイプなので、奏太の「とりあえず付き合わない?(壁ドン」っていうノリには「おおう...(^^;)」ってなりました。

会話をしていても、奏太の考え方に水緒は否定的だったり、落ち込んだりの繰り返しだったので、そういうのを鬱陶しがりそうな奏太が水緒のどこに惹かれたんだろう?という感じで。
多分、真逆のタイプの女の子に内心ペースを乱されていた、ということなのかなーと思っています。



●二度目の告白

決戦(?)前夜のフラグシーンですね。
今まで冗談めかしてでないと本音が言えなかった奏太が、今度は本気で誠意を込めて告白します。ごめん、悲しいくらい響かなかったww
最初の「付き合わない?」との比較なのはとてもいいんですが、個人的には一番最後にしてほしかったな〜。楽しみはとっておきたいというか。心配事は先になくしたいというか。死魔を倒して幽世を救って、現世に戻って再会した最後の最後に「付き合ってください」の方がグッときたかも。



●ベストエンド

他のみんな死にっぱなしとかあんまりじゃないΣ(゚д゚lll)
あのタイミングしか無かったとはいえ、「月白もああ言ってたし生き返るよね!」って楽観的だな君たち...。宵宮先生は置いてきぼりだし(帰るのを本人が望むか望まないかは別として...)どうもスッキリしない!
でも奏太は現代姿の方が好きですw
奏太ってボキャブラリー豊富だけど、中でも「アハ体験」は妙にツボって変なところで爆笑を生みましたww
あと、奏太のようなチャライケメン(褒め言葉)と突然付き合いだした水緒の周りの反応が気になります(´∀`)w すっごい噂になりそう!



●グッドエンド

死魔を倒し、月白からみんなを救う手助けを頼まれる奏太。冗談でも助けるの面倒くさがらないであげてー!(^^;)
鎮守学舎の救出乱闘...特に、宵宮教官にマジで殺されそうになった図はちょっと見たかったですねww
しかし唐突に終わった...。結局は、二人同じ世界で生きられるならどこでも良いんだよね?w だったら颯達を救える幽世エンドの方が好きですね〜。
というか、ご都合でいいから、これとベストエンドをミックスしてくれればなーと思いました。



●おまけのifストーリー

奏太が人気の売り子だったら!?

もしもっていうか普通にありえそうなシチュでしたw
やっぱり奏太は現代服がいい♡





残念ながら奏太は恋愛的には好きになれず、でした。
死魔との直接対決は、颯ルートで見れなかった分なかなか見ごたえありました。そしてカンナの疑惑が深まるばかりですねw



次は宵宮先生です!


『逢魔が刻 ~かくりよの縁~』のバナーに使用されている画像の著作権は株式会社文化放送エクステンドに帰属します。