ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【舞台】インフェルノ 感想


こんばんは、けいです。

すごーく今更なんですが、9月に観劇した舞台の感想です。


 9月10日
 ・インフェルノ
 ・AD-LIVE2016 寺島拓篤×鈴村健一 

 10月30日 
 ・AD-LIVE2016 浅沼晋太郎×下野紘 


最後のは、10月ですけどw
インフェルノの感想が非常に長くなってしまったので、アドリブはまた今度で〜。



ネタバレ無しです。



●舞台 インフェルノ


ARIAという雑誌で連載されている漫画、インフェルノが原作。(ARIA遙かなる時空の中で6の漫画も連載されているのを後から知りましたw)
単行本は今2巻まで出ていまして、私は舞台化が決まってから読みました。


そう、藤原祐規さんが出演なさると聞いたのでヽ(*゚∀゚*)ノ


観に行きましたよ〜!東京ドームシティ!
実は、劇場に行くのって人生初めてです。まぁ、学生の時に学校行事でっていう経験はありますが、それは省きます。
今年の夏に藤原祐規さんにどハマってから、舞台は絶対に生で行くと決めていましたから、それはもう期待と緊張で震えながら向かいましたw


最寄り駅から特に迷うこともなくドームシティに到着。しかしシアターGロッソまではなぜか迷いましたww カフェの呼び込みをしているお姉さん方の前を、3・4回ほど往復。
「迷子か?(^ω^)ニコニコ」というお姉さんの視線をいかにも人を探してます風で受け流しながら、ようやくGロッソへの入口を見つけました。何でわからなかったんだろ...。


時間まで余裕があったので物販並んでDVD予約して、スタンド花眺めて(唐橋ウィウィーテッドがめっちゃ可愛かった)、入場。


席は前からも横からも、本当にど真ん中らへんでした。こういった場にはあまり馴染みが無いので、ステージと最前列の近さに驚きましたね...。プレミアムシートはあのあたりになるんだろうなぁ。次はプレミアムにしよう。

まぁ、そんな感じで開演となりました。


作品のあらすじは端折ります。


まず勢いのあるOPがとてもかっこよかったですね〜!
スクリーン上に人物のシルエットが映し出されて、1人ずつステージに登場し、映像に合わせて空に名を描くようにパフォーマンスしていきます。
これが流れるように1人、また1人と出入りしていくので、ああ始まる〜!とワクワク感が募りました。


映像演出が凝っていました。と言ってもこういう場は初めてなので善し悪しはわからないんですが...。例えば主役のリッカのトラウマを表現するのにも上手く活用されていて、当たり前ですけど、生ならではの臨場感、素人を「ふおお...」とさせるには充分でした。


アクションも、主に平野良さん演じるノエルが走る、避ける、刺す(笑)マフィア同士の乱闘の熱いこと。
アクションはもちろんですが、役者さんが人物同士の駆け引きにも注目してほしいとコメントされていた通り、あっちでこんな思いが、そっちでこんなやりとりが、というように時間まんべんなくいろんなキャラの心情が交錯していました。
でもこのあたりは原作に目を通しておかないとわかりにくいかな、とも思います。


ストーリーは舞台オリジナルで、いつもの日常から始まってトラブルに巻き込まれ、そしてまたいつもの日常に戻る、絆はより強固に...という締めくくりで綺麗にまとめられていました。
まだ原作でも明かされていない設定が出たんですが、それは確か原作者が配役決定に伴い設定を書き足した、らしいので、まぁ今後原作に反映されていくのかなー。


主役はリッカとノエルですが、私のお目当て藤原祐規さん演じるオリーブもなかなか重要な役どころで、怒ったり取り乱したりいろんな表情が見れました。
パンフレットで、「オリーブを一言で表すと?」っていう質問に藤原さんは「優」と答えていらして、私はオリーブはもっとサッパリした人物像を浮かべていたので最初はしっくりこなかったんです。
でも実際に見たらピッタリでした。オリーブはこの世界に向いていない。なるほど、と思いました。
原作(単行本)では未知の人物だった分、藤原さんのお芝居でオリーブが掘り下げられていくのがすごーく興味深かったです。


オリーブに限らず、サーシャの黒さとか、クラウドやスネークの熱さ、誰かを傷つける裏で誰かを大切に思う気持ちだとか、原作がまだ始まったばかりなのが逆に良かったと思えるくらいそれぞれが面白く感じました。たった2巻で舞台化wwとちょっと小馬鹿にしていた自分が恥ずかしい。そう思えたのも、役者さんがみんな実力のある方で、真剣に、そして楽しんで三次元におこしてくれたおかげ。


全体的に心理戦やアクション続きの熱い舞台でしたが、最後の最後に、会場が笑いと拍手に包まれたシーンがありまして。「あー!面白かった!」と気持ちよく帰れたのはそのおかげもあったなーと思いますw
もーあのボケツッコミは本当に最高だった(ノ∀`*)ww



藤原祐規ファンとして観に行った舞台。
お芝居はもちろんの事、礼服+白衣+眼鏡という最高の衣装も堪能できました(*´д`*)♡白衣の裾の翻し方がいちいちかっこいい!
カーテンコールでウィウィーの後に両手をぶんぶん振りながら走り出てきたのも可愛い、可愛いよ...。



この後はアドリブライブ寺島×鈴村回に向かいまして、インフェルノが一公演しか観られなかったのに歯噛みしながら帰路につきました。
ちょうど藤原さんと唐橋さんがツイキャスを始めたので、それを観ながら電車に乗り込み、1人でにやにやしていた私は相当気持ち悪かったと思います。



帰宅して早々広げる藤原祐規。


f:id:momoumashi:20161102195702j:plain


楽しかったです☆