読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

AD-LIVE’16 生で観に行ったので 感想


すでに内容は忘れかけていますが、思い出せる範囲で書いていきます〜。ネタバレ無しです。



昨年はライブビューイングのみ参加しましたが、今年は初日一公演だけ劇場に行きました!
場所はオリンパスホール八王子。...東京駅から、結構遠いんですね...。おまけに帰りは会場から出るのに30分くらいかかってしまって、新幹線やばい!新幹線やばい!!((;ºДº;))と焦りながら電車に駆け込むはめになりました。ちゃんと下調べをするんだった〜。



●9/10 夜 鈴村健一×寺島拓篤

到着したのが会場1時間くらい前だったんですけど、物販はスムーズに動いていました。でもバッグはすでに売り切れでした〜。会場限定?のリボンバンドだけ買っていくつもりでしたが、レジ横に実物の見本がずらっと並んでいたおかげで気付いたらチャームも買っていました(笑)


リボンバンドとチャーム


つけるとこんな感じ。会場別に揃えるとカラフルで可愛いだろうな♡



で、会場入りする前に何やら展示物があったので、それも見てきました。残念ながら撮影は禁止〜。

「マインドダイブシステム」の経歴と言いますか。いつ誰がどんな風にしてこのシステムを生み出し、世に浸透していったのか。あと弊害とかがボードに詳しく書いてあったり。マインドダイブに使う実物大の機械(VRみたいなゴテゴテのゴーグル様のもの)とか、このシステムを作った人?が経営していたハンバーガーショップ(うろ覚え)の定番メニューのサンプルとか、深いものからかなりどうでもいいものまで置いてありましたw

正直ね、驚きました。ちゃんと練られているんだなって。(失礼)

だってこの設定、劇中では全く触れないんですよ。あくまでも「会いたい人に逢いに行く」のがメインであって、マインドダイブシステムなんてぶっちゃけその名前とルールだけあれば劇自体は成立しちゃうんですねー。
でもそこをうやむやにせずに細かいところまで作りこんである熱意が、鈴村さんさすがだなぁと思いました。
展示物を用意したのも、まぁご本人が楽しむのはもちろんだと思いますがw 会場に来てくれたお客さんにも楽しんでもらいたいっていう気持ちが伝わってきました。
購入していないのでわかりませんが、このあたりはひょっとしたらパンフレットに記載されているのかもしれませんね〜。


で、いよいよ会場入り。
席がね、3階だったんですよwww 豆粒かよ。゚(つД`*゚)゚。
しかもオペラグラス忘れるし、視力は悪いし、もちろんスクリーンも無いから表情なんて見えなかった(笑)
だから、最初おじいちゃん姿で寺島さんが出てきた時は、「鈴村さん!?ん...?てらしー??」しばらくの間本気でどっちかわかっていませんでしたww


で、身に染みてしまったんですが。これが我儘なのは百も承知で言います。スクリーンがほしい。 あの、背景とか写すのとは別に、声優さんの姿を写すやつ。

アドリブライブって普通のお芝居と違って、ワードの書かれた紙を引いて読み上げるじゃないですか。私は、この紙も見たいんですよ...!極端に言ってしまえば、アドリブワードこそがアドリブライブの主役で、即興の奇跡だと思っていますw だからそれを引く瞬間を今か今かと待っているし、引いたワードをこちらに見せてくれる時のドキドキ感と、どっと沸き起こる笑いやら感動が好きなんです。
が、遠いと何が書いてあるか全くわからないんですよね〜(T_T;)それがちょっと寂しく感じてしまって。わざわざ遠出してこれなら、近場のライビュで複数回行った方が...って思っちゃいました。

でもその場の空気感を声優さんと私達で共有できるのは生ならではですね。もう会場全体が「今日は笑うぞ!!」っていう雰囲気なので、そんなに面白くない事でもずっと笑ってましたw


なんだか肝心の中身の感想が書けていませんね。
先に謝っておきますが内容はもうほぼ忘れているので詳しく書けません。ごめんなさい(ノ∀`)


各回ゲストがいらっしゃいましたが、この回では川本成さんがご登場。
「なんか出てきたー!!キャアァ(≧∇≦*)!!....誰?(*゚▽゚*)知らん.....まいっか☆(ノ∀`*)www」もう面白ければ何でもござれ(笑)

失礼ながら全然知らない芸人さんでしたが、さすが会話のテンポがスムーズ!寺島さんも鈴村さんも揃ってボケ始めるもんだから、川本さんさばくの大変そうでしたww

ワードの引きもなかなか良かったと思うんですけど、下ネタ多かった気がしますw ラストはほっこり終わりまして、心温まるストーリーに出来上がりましたね。
フリートークをして、もうおしまいだよ〜というところで鈴村さんが引いたワードが「このアドリブライブ、『アニメ化』します!!!」で神がかっていました。マジで。あれは忘れられないw



●10/30 夜 浅沼晋太郎×下野紘

千秋楽。こちらはライブビューイングでの参加です。
意外と当日券余っていました〜。

下野さんはスーツ姿で、真面目風のいたって普通の役でした。対する浅沼さんは。...浅沼さんはww ドラキュラヴァンパイア(笑)
まさかの人外に、下野さん頭の中真っ白だったそうですよw
ワードの引きは全体的に微妙でしたが、主に浅沼さんが落ち着いて会話に繋げていたので流れが途切れる感じは無かったかな?それにしても浅沼さんのカバンからは擬音語が多く出てきて、突然会話が中断されるという無茶ぶりにハラハラしましたw 『ただいま』のタイミングが神引きでしたかね。

今回一番お気に入りなのが、枝豆彼女かおりちゃんこと、ゲストの廣瀬詩映莉さん(舞台女優)!!破壊力凄まじかったですよww たった数分で全部持っていかれたからすごいポテンシャル(ノ∀`*)プロフィールを見たらまだ19歳なんですね〜。何この子怖いw

ラストのオチは、私も浅沼さんと同じ感覚でいたのでかなりびっくりしました!あれは今年のアドリブでは下野さんだけだったようです。千秋楽とかは関係無く構想していたみたいなんですけど、「うへええマジで!!?」っていう驚きが最後の最後にがつんときて、ある意味締めにふさわしかったんじゃないかと思います。予想していなかっただけにね(^^*)

フリートークは鈴村さんもお見えになりまして、舞台裏トークが面白かったです。 何が起こるかわからない劇、袖でも振り回されているww
浅沼さんはハロウィンを意識してキャラ設定されたんですが、いくつか候補があるうちの「ゾンビじゃなくて良かったね(下野さん的に)」っていう話が笑えました( ´▽`)

それにしても本当に強烈だったのが廣瀬さん。昼の回では...何だっけ、木こりアイドル?「バッキバキよ☆」みたいな事を言っていてすっごい気になるww
彼女にはまたぜひ出演してほしいです♪



以上、AD-LIVE2016 感想でした!