ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

下天の華 愛蔵版 蘭丸感想


森蘭丸(cv:島﨑信長)

f:id:momoumashi:20161111230830j:plain

見た目  ★★★★☆☆
性格   ★★★★★☆
声    ★★★★★☆
糖度   ★★☆☆☆☆
シナリオ ★★★★☆☆

※夢灯りは未プレイです。後日別記事にて。

蘭丸感想の前に、公式サイトのオススメ武将診断の結果だけここに落としておきますw
まず一番にたどり着いたのが信行でした。
初回終えた時点では全然ピンときていないキャラなので、あら意外w
んじゃ迷った項目で選択を変えてみよう。誰になるかな~→「オススメは織田信行
こ、こっちの項目も迷ったし変えてみよう!→「オススメは織田信行

「オススメは織田信行♪」

・・・・・・・・


どうあっても信行がオススメなようです(笑)

楽しませてくれる事を期待して(^^)信行は一番最後に攻略します!



ではでは、本題の蘭丸感想です。

蘭丸は律儀で誠実、クールそうに見えて熱血漢...という事で、攻略キャラの中では一番若いのもあって青さが光っていました〜。
恋愛は、も〜あまずっぱかった!!
二人が作り上げる空間に割って入りたくなる外野の気持ちがよくわかります(笑)

最初は主人公を敵視していて刺々しさがありましたが、それも正直だからこそ。思い違いをしていれば素直にごめんなさいのできる人で、一度打ち解けてしまえば後はブレずに慕ってくれました。
裏表の無い人だから、主人公との事をからかわれて墓穴掘ったり、本人目の前にして気もそぞろですとか口が滑っちゃうところがめっちゃ可愛かったです(*´ω`*)

姫様姫様って忠実な姿がまるで犬のようでなんという罪悪感wでしたが、主人公自身が手を取り合っていきたいタイプだったので、ベストエンドではすごくいい関係だなぁと思いました。
逆に、罪の華エンドは衝撃のダーク展開でした...!




以下ネタバレ注意!!










●ぜんぜん、駄目だ!少しもわかっていない!

「よいか、姫様の美しさはなこのような簡素なかんざしでこそ引き立つに決まっている!」

らんまる わろたwwwww

このシーン爆笑でした。姫への本気度、よ〜く伝わった!(ノ∀`)♡最初のトゲトゲしさはどこへやらww
もうすっかり懐いておられる。可愛いw




●かんざしと組紐

ほたると蘭丸の何がいじらしいって、贈りあったかんざしと組紐をお互いにつけるんじゃなくて持ち歩いているところ♡しかも見せ合うし。はげ萌えました〜ジタ⊂( っ´ω`)っバタ
信長様「わかったからさっさと抱擁でも交わせ」気持ちはわかるww



●重なる手

光秀に命じられた暗殺の対象は、想い人蘭丸の主君でした。
そばにいるとつらいからと蘭丸を遠ざけるほたるでしたが、一方蘭丸は一度去ってみせたと思ったら戻ってきて、そっとほたるの手に自分の手を重ねました。「お嫌なら、振りほどいてください」と言って。

ら、ら

らんまるー!!!!(;▽;)キューン

好きな女性の思い悩む様子を放っておけない、ってところが男らしく、また押しつけがましくない謙虚さもありで、距離感が素敵です~。こんなの私だったら絶対落ちるw

スチルもとっても綺麗でした。川の水面越しに映る表情がいいですね♪(蘭丸そっぽ向いてるw)
しかし聞かなかったことにされる蘭丸...許して(;▽;)ほたるもつらいね…。



●蘭丸の啖呵

裏切ったほたるを斬り捨てよと命令され武器を構えるも、すんでのところでふみとどまった蘭丸。信長を説得にかかりますが、何というか信頼関係ありきの啖呵でしたね~。何かあれば、いつでも俺の首を差し出しますってかっこよすぎました!



●生を大切に

蘭丸の信条…”命をなげうってでも主に尽くす”を信長はよしとしていませんでした。これまでずっと光秀と一芝居うっていたわけですが、主犯が捕まった後も「そのくのいちを殺せ」と信長がわざわざ茶番を続けたのは、蘭丸に命を失う事について考えさせる為なのでした。

命とはそんな風に扱うものではないのだと、今回の件で身を以て経験した蘭丸。考えを改め「この生を大切にして働きたい」と誓います。ここまで見通してのお芝居、信長様お見事でした!
正直こんなところで拾われるとは思っていなくてですね。普通に感動しました!



●本能寺にて

ほたるに首ったけだけど、信長様への忠義は捨てないところが素敵!
ほたるに応援を呼んでくる役割を与えて、その実ただ逃がすだけというのも、さり気なく彼の優秀さが出ていたなぁ。

「主君の最期まで共にするだけでなく、大切なあなたをお守りするために…」
どこまでもかっこいい男です。



●ベストエンド

現代ものの堅物にはあまり惹かれないんですが、時代的な要素は結構大きいのか、まずは故郷に挨拶して許しをもらって立派な将になってから〜っていうコッテコテの蘭丸がむしろ大好きです♡w

久々の再会なのに七介に化けて不意打ち仕掛けるほたるがお茶目で可愛かったですw
スチル、注目すべきはかんざしと組紐でしょうか♡



●罪の華エンド

怖かった(;▽;)

決して許さないと一度ブチ切れたからこその冷静具合というか、後になって思い出してくるやるせなさを、ひしひしと感じました…。想い出とは残酷

「憎く思えば思うほど心があなたでいっぱいになる」
「思い出すのは楽しかった想い出ばかりだ」

つらい。つらいよ~(T_T)

彼女の生が地獄となるならば、いっそこの手で…と、ほたるにキスをし刀を突きたてた蘭丸。そうですね、事実ほたるは救われたと思います。
最初はここでキス!?ってちょっとびっくりしたんですけれども、あの強引さも納得というか...。もちろん好きだからしたんでしょうけど、泣きながら、あんな押し付ける形でってのは蘭丸らしからぬ行為ですし、…仕返し的な意味もあったんじゃないかと思うんです。悲しみ、憎しみ、悔しさ、愛しさ、言葉にはできない感情が詰まっていて、これは寝る前にやるんじゃなかったと思ったのはここだけの話。w
嫌いじゃないです。まさにそれが狙いのエンドなんですけど、切なかったな~。





ノーマルエンドはほたるの正体明かさずにお別れでした。まぁ綺麗といっちゃ綺麗だけど、ひょっとしてこの後逃げ出した信行に...って展開になる可能性の恐怖。((;^ω^;;)))ブルブル


蘭丸ルートはつくづく微笑ましい二人で、初回からかなり好印象で始められました♡スチルも本当綺麗~!

誘惑する時に、(縁を深めたい、誘惑しよう)って真顔でやらかすほたるに笑いを誘いますw
ほたる(そっと目をつぶってみよう)蘭丸「おやめください///そんな無防備な!」ほたる「なんのことです?」のコンボww 振り回される蘭丸と淡々としてるほたるの温度差が面白い(ノ∀`)♡
あと、肩揉み頼んだらすっごい照れながらジャラララン♪↑↑ってめっちゃ好感度上がったのも笑いましたww
アイキャッチの秀逸さね!(笑)


では、次は家康にいきます!