ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

下天の華 愛蔵版 家康感想


徳川家康(cv:小野賢章)

f:id:momoumashi:20161113185134j:plain

見た目  ★★★★☆☆
性格   ★★★★★☆
声    ★★★★☆☆
糖度   ★☆☆☆☆☆
シナリオ ★★★★★☆

※夢灯りは未プレイです。後日別記事にて。


鷹狩よりも、調剤が好き。毒草から薬を作る人。
という事で、優しい優しい徳川家康です。

癒されました〜(o´Д`)♪
主人公も根はのほほんとしているから、家康と二人縁側に座っているだけでもう夫婦かと思ったw


顔を合わせただけで卒倒する極度の女性恐怖症だった家康。臆病な彼が主人公をきっかけにしてうつむいていた顔を少しずつ上げていく様子に、臣下共々ほっとしました。
個人的に、オドオド系とかネガティブなタイプは苦手意識が生まれる事が多いんですが、家康は努力家なところ、才能をひけらかさないところが好ましく映りました。小鳥を「さん」づけで呼んで話しかけだした時も「あちゃ〜天然か(^^;)」と身構えましたが、その現場を目撃されて慌てふためいている姿を見たら可愛いと思いましたw


それで、一番テンションが上がったのはなんと言っても本能寺での家康の見せ場ですね!!
今までの頼りなさは全てこの時の為だったのかと思うほどかっこよかったです。ギャップが好きなんです。蘭丸もかっこよかったけどそれを遥かに超えたww ごめんね、蘭丸もかっこいいよ!!(ノ∀`)


家康ルートは成就するまでがゆるやかな右上がりなので、萌え転がったとかドカンとインパクトのある人物ではありませんでしたが、ほんわかさせてくれる恋愛と後半のじわじわくる切なさが良かったですね〜。

最後らへんは思いがけずウルッときたし、全体的に好きなルートでした。
罪の華分岐は蘭丸とは違う意味で痛ましかったです。゚(゚´Д`゚)゚。



以下ネタバレ注意!!










●ただいま、小鳥さんーーなんて

なんて、ってww 可愛い!!可愛いぞ家康(*´д`*)♡
このツボわかってもらえるだろうか(ノ∀`笑)



●異名に対して

「韋駄天の君」の異名を知らなかった家康。
会ってみたいという言葉にそのまま「あなたのことですよ」とは返さずに、「お庭の池でも覗かれればすぐにでも」っていうほたるの言い回しがすごくいいなぁと思いました...♡
真っ先に名前負けとか思っちゃう家康がらしいですねw



●お礼が終わらない

日頃のお礼で琵琶湖に、琵琶湖のお礼で訪問し、そのまたお礼で...って、お礼が終わらない二人が可愛いすぎるw



●家康の決意

家康は信行の件を受けて、かたよった考えが争いを呼ぶ...という事に心を痛めました。彼自身、幼い頃のトラウマ "姫を傷付けた" という噂に人知れず傷付いた経験ががあったからこそ痛感したんでしょうね。

思い返せば家康は起こった出来事に対していつも「なぜ?」という疑問を投げかけていたし、鳥兜の薬効を知っていたのも、単に調剤が趣味というただけでなく、物事を側面だけで判断してはいけないという意識からきていたのかなと思いました。

だから、信長暗殺に関わった者達を見て自分なりの当主のあり方を決めたのも、裏切ったほたるの許し方もすごく納得できました。
ここでほたるの心中に気付けたのだから、家康は掲げた通りの当主になれるだろうなぁ(*^^)



●ベストエンド

小鳥の姿でお供するほたるが健気〜(´ω`)
本能寺での家康は、もう、叫びましたw 「ああ、家康様、なんたるご勇姿か!!」(笑) 心掴まれた〜(〃ノωノ)
きっちりプロポーズしてくれるところも素敵でした♪
前髪切ろうね〜って言っていたのも回収してくれたし、最後の最後で「その小鳥私です」とカミングアウトされてナンテコッタΣ(|||▽||| )な家康も、すごく微笑ましかったです♪



●罪の華エンド

古傷をえぐる裏切りにやだツライやめてーって思いながら見ました(´д`|||)
苦しませないように一太刀で、っていう人だから、毒で一思いに...と考えたんでしょうね。
本当はほたるに心のまま生きてほしいと願うけど、また同じ事が起こった時に自分はそれを止める自信が無い、という告白がもーー切なくて。
家康は何よりも精神的な面が弱いから、それを支えてくれた人が道を逸れちゃったらどうしようもないわけで...。だけどせめてと、ほたるの忍びとしての生き方に倣って武士としての責務を全うするところは、できる限りの勇気で、今までの感謝の意を込めた強さある決断だったのかな...?
記憶喪失になったのは故意か偶然かわかりませんが、エンドロール後の家康を見てもやっぱり弱いままに見えたのが悲しいエンドでした。




私、弱そうな人が実は腕が立つとか大好きなので、家康に関してはそこで全てを持っていかれましたww
ほたるを片腕で抱き抱えた力強さとか、キリッとした表情とか、刀が煌めく演出も相まって何度も言うけどかっこよかった!!(ノ*>∀<)ノ♡
家康は、女性、とりわけ「姫」という存在にはとてつもないトラウマを抱えていましたが、そもそもが姫ではないほたるが「姫」として出会い、その価値観と接し方の上手さが功を成した恋だと思いました。こういう、この人じゃないと感のある恋愛も大好物です♡


次は秀吉です!