読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

越えざるは紅い花 Vita版→PC版プレイ感想

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~


f:id:momoumashi:20161218123423j:plain

※PC版はR18です。



結局手を出しました(笑)
長いこと眠っていたVistaが起動したので、体験版で動作確認をしたのちポチりました。
乙女関係では初めてのR18で、わかってはいたけど声優さんの演技や音がすごいすごいwwスチルもすごいすごいwwナァラの唇の塗りはどぎついなぁ(^^;)


で、PC版と移植版との違いですが。
移植版は直接的なセリフが修正され、スチルや後日談などの追加があります。

一番大きいのは営みシーンのカットですね。そこに相手の心情が表れる部分もあるので、代わりになるシーンの追加があるわけですけど、それが良いな~と思うキャラとPC版の方が良かったなと思うキャラでわかれました。

R18って聞くと単にそういう行為だけを目的に楽しむみたいな偏見があったんですけど、実際にやってみると、身も心も丸裸なわけですから相手の本質がよりわかったりするんですね。例えば葛藤とか、優しさとか、泣きながらだったとか、ちょっとした仕草やセリフでどういう気持ちだったのかがわかるシーンになっていて、その、先入観を改めるに至りましたw
PC版で印象が変わってより好きになったのはノールとトーヤです。トーヤは切なさあり、あと日常では本能に忠実でクスッとしたw
逆に、移植版の変更・追加シーンの方がより印象的だったキャラはスレンとナラン
ルジとセフはそう変わらずでした。

あくまでもこれは私の感覚なので、好みの違いでも感じ方は変わると思いますが…。


移植版が気に入った方で抵抗がなければ、PC版もやってみてはいかがでしょうか(*^^*)



で、ここからは2周目も面白かったよ~という内容です。
重要なものではないので閉じませんが、一部セリフのネタバレがあるのでご注意ください。


PC版をプレイする時にスキップも多用しましたが、スレン、ノール、トーヤはほぼちゃんとやりました。
というのも、この三人は最初から何かしらナァラへの思惑を秘めているので、それがわかった上で再プレイするとまた違った見方ができて面白いんですよ~。あ、この時こういう心境だったんだなってのが細かくわかってきます。

特にトーヤは、私は1週目が寄り道しながらだったので、一直線でやるとさらに愛が深まって。
研究室で絶叫した「俺がどうにかしなければ」や、「同じ空間にいるだけで泣きたくなるほど幸せになれる」の言葉の裏の思いとかにいちいちウワァァってなってしまいました。
選択肢の微妙なニュアンスとかも沁みましたね~。伝えたい気持ちは同じなのに、言い方ひとつですれ違いが生まれるのって何とも歯がゆい。
同時に、本当のトーヤじゃないこと(ネタバレ白文字)を話せなくて後ろめたいトーヤに、そう知らずとも今のトーヤの心を拾っていくナァラが神がかっていました。
ナァラの「愛してる」がすごく優しくてじんわりする、2周目でした…♪


最後に。
以前コメントでこの作品をおすすめして下さった方(お名前は伏せますね)、越え花すごく楽しかったです!ありがとうございました(^^)