ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【舞台】ミュージカルしゃばけ 感想

 

ナンジャコラボ、下天ミュージアム記事からの続きです。


お次はいよいよ「ミュージカルしゃばけ

ファンタジー時代小説「しゃばけ」シリーズの舞台 第一弾です。(今年9月に続編決定♪)

原作の著者は畠中恵さん。私は観劇前に、1作目の「しゃばけ」だけ読みました。

 

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

 

 

このシリーズなんと15周年で、今までにも何度かドラマ化されていたみたいですね。知らなかった。

内容は簡単にいうと、病弱な坊ちゃん「一太郎」と、その周りを囲む人間と妖たちが繰り広げる、ちょっぴりおどろおどろしい、愛ある物語です。

原作に歌う場面はありませんが、ミュージカルなのでみんな歌います。踊ります。そういうの好きだからすごく楽しかったw

私のお目当て、藤原祐規さんは「屏風のぞき」役でご出演されました!

27日夜はプレミアムシートで、28日昼は一般席で、2公演行ってきましたよ♪

 

 

私は熱烈な原作ファンというわけではないのですが、キャストのビジュアルが公開された時に、おおお!っと思いました。

主演がお顔の可愛らしい人気俳優、植田圭輔さんとのことで、もっと今風にしてくると思ってたんですよ。宣伝用の和装姿のような。が、見事な髷!!(しかも可愛さが損なわれないさすが)これを見た瞬間、単に流行りに乗ったものではないのだな、と、私の中ですっごく期待値が上がりましたね♪

他のキャラもすごーくビジュアル素敵なんですよ。ヘアメイクも衣装も、デザインや質感にこだわってるなーっていうのが伝わりましたし、何より皆さん似合っててイメージ通り。素材が和風ですしね。見た目が原作通りだとワクワクします。

 

歌もお上手で耳馴染みよく、時代劇でミュージカル?と想像しづらかったところが自然と受け入れられて、大成功だったと思えます。「ここは長崎屋」という、いわゆる自己紹介の歌が特にお気に入りで、派手な格好の妖たちが観客の手拍子を誘いながら踊るものだから、とてもにぎやかで親近感のわく一曲でした。

 

あと、今回目玉のひとつと言っていいと思うのが、

鳴家の子役たち!!!

下は2-3歳、上は小学校高学年くらいの子たちが日替わりで鳴家を演じていて、たどたどしい感じがまーー微笑ましい!!w彼らがわらわら出てくるととにかく可愛くて、俳優さんが見たいのに子役から目が離せない、目足りない!!!(笑)

 

この子たちの出演もあって、このミュージカルしゃばけ、とてもアットホームな、ほろっとゆるむ作品に仕上がったんじゃないかと思います。

目が足りない、といいましたが、子役のいないところでもそんなシーンばかりでした。

何せ妖ーずも自由ですからw真面目なことを話している向こう側で、まんじゅう取り合ってたり、捜査していたり、ごそごそごそごそw 

ところどころ「ふふっw」と笑ってしまったり、愛嬌を感じられる世界観です。

終始和やかではありますが、ミュージカル要素やギャグシーンなどのワイワイする場面と、敵側の怪しくゾクッとする場面と、メリハリがきいています。

真犯人の心情は、考えたら切ないものでした。

私は予習して行きましたが、原作未読でも大丈夫だしむしろ知らない方がハラハラできていいかも?

 

キャストの面々で見ると女性向けかなぁとは思いますが、恋愛要素はなくて万人受けしそうな内容ですし、ぜひ家族の皆さんでとか、ほっこりが好きなら男性の方にもおすすめしたい作品ですね。

 

 

以下から、キャストの感想です。

 

植田さん演じる一太郎坊ちゃんが、すごく似合ってましたね~。まろやかな顔立ちとか、小柄でなで肩とかイメージぴったり!これで虚弱体質とあればみんな過保護に囲ってしまうのもうなずけるw

 

仁吉は静かにオーラを放っているし、佐助は最初出てきたとき「でかっ!!!」って思いました。リアル佐助かw 品のあるイケメン仁吉に対して、全体的にうるさい(褒め言葉)佐助w

 

鈴彦姫は男性が演じているのですけど、彼も小柄なので違和感なかったです。女らしい所作は目を引きましたし、表情なども研究されたんだろうなと伺えますが…、個人的には、「美しい鈴の音」だというのならば、女性に演じてほしかったな(^^;)

 

屏風のぞきは、期待を裏切らないふっきークオリティですw 素晴らしい安定感。原作ではそこまで出張ったキャラではなかったと思うんですけど、藤原さんが演じるということで、よりコミカルに、そして影の進行役といったところで出番も多くふっきーファンには嬉しかったですね。子役との絡みも可愛かったし( *´艸`)ww

屏風のぞきはツンデレで、一太郎のことを口ではあーだこーだ文句言いながら心配するんですが、そこに動きがつくとより愛しさが増しましたw

屏風のぞきが出入りする屏風は回転扉のような作りになっていて、そこを出たり入ったり押し込まれたりガタガタしている演出が面白かったですw

藤原さんの生歌を初めてお聴きしましたが、や〜、いいですねぇ( ´▽`) 滑舌がよくて声も通るし、優しいのに芯の強さを感じる歌声といいますか。ものすごく歌が上手いわけではないんですが、生だとこう、ハッと惹きつけられますね。贔屓目ごめんなさいw そうそう、配役発表前は仁吉役だったらいいな〜とか思ってましたけど、いやいや、この中だったら絶対屏風のぞきだったわ。このすんごい濃〜いメイクも似合ってるし。おいしい役どころありがとう(ノ∀`)♡

 

栄吉は癒し系でしたwこの方もハマってますね!歌がお上手でした♪

 

守狐は、アホ可愛かったですw背が高くてビジュアル好きだな~♡ブロマイド買えばよかった。次作もぜひ出てほしいです…!

 

日限の親分の歌も好きです♪歌いながらまんじゅうどうぞまんじゅうどうぞってされてるところ可愛かった(笑)

 

暗夜役、萩野さんはカーテンコールでも孤立して登場され、最後までニコリともしない役の入り方に驚きました。以前お会いした時の優しい笑顔からは想像もつかない、これぞ敵!!って感じで、あんまり喋らないのに目力はすごいし、歩き方は不気味だし。アンサンブルの方に支えられてふわふわと宙に浮く演出があって、そこが本当に浮いているみたいでした。いや~~敵役ですけどかっこよかったですね。

 

アンサンブルの方々が歌もお上手で、演技にも迫力があって、メインキャストを引き立てながら、彼らもすごく存在感がある、素敵な役者さん達でした!舞台セットを動かすのも暗闇で大変でしたでしょうに、ちっとも乱れず演出してくれてすごいなぁと思いながら見ていました。

 

 

2列目の通路側の席だった時は、客席に降りてきた守狐さんが、至近距離に!!私の大好きな屏風のぞきさんは反対側に降りてまして、目をつけたお客さんの前ではっちゃけまくってて(後に筋肉痛になったそう笑)むっちゃうらやましかったですwもーー、あの動き笑ったw

 

 

3月末までニコ生配信中ですので、見逃された方はぜひぜひ。

そして、今年9月には続編も決定していますので、ぜひぜひ~。

 

 

屏風のぞきメイクがとても似合っているふっきーさん。

f:id:momoumashi:20170130212143j:plain

派手だ~(笑) 

極上文學でも思うけれど、この方の和装好き。もっと和装してください。w

 

 

f:id:momoumashi:20170130212132j:plain

こちらは特典のトートバッグ。さっそく職場に持ってってます♪

 

 

 

 

あとこれは、観劇した方向けになりますけど、屏風のぞきさんの、おとっつぁん過去話の時の内容をw

 

ここは主に仁吉と佐助役のお二人がはっちゃける完全ギャグ仕立てのシーンで、回によってそのふざけ方が違いまして、私の入った回はこんな感じでした。

 

仁吉→医者役佐助→おぎん役

 

27日夜・・・仁吉→連日はっちゃけすぎていたらしく、急におとなしくなって逆に心配される。が、はける寸前でやっぱりふざけだすw

   ・・・佐助→トランシーバー的なもので誰かと電話し始めるw「しもしもー?今からザギンでシースーどう?」収拾つかないので植ちゃんに強制退場させられるw

28日昼・・・仁吉→なぜか腕だけ出して手紙を渡し、植ちゃんに読ませる。これだけ?と思ったら急に現れて「もう子供はのぞめない♪」をウルトラソウルのリズムで歌いだし観客に「ヘイ!」を要求w

   ・・・佐助→「この度はうちの息子がご迷惑をおかけし…」と、突然不倫謝罪会見を始め、やっぱり植ちゃんに強制退場させられるの図ww

 

 

ここぞとばかりに自由すぎる中村&滝川コンビに、振り回される植ちゃん&ふっきー(笑)

そして必死で笑いをこらえる大平&梶ペアww

不倫ネタとか、なかなかきわどいと思うんですけど堂々ぶっこんできて爆笑でしたw

 

 

 

というわけで、一泊二日の東京旅行でした!

 

 

二日目からは友人と合流しまして、その子はしゃばけを全く知りませんでしたが、面白かったー!!と言って帰りにパンフレットを買ってってくれて嬉しかったですw

新宿駅が、どこまでも広くて迷って二人して田舎者痛感したのは、いい思い出…(¦3 _ヽ)_

 

ふっきーさん舞台は、次は4月のP3ですが、このシリーズ手出してないので多分これは見送ります。主演蒼井翔太くんだし気にはなっているんだけどね…。てかぶっちゃけ4月はスタミュミュの方が気になってます…キービジュアルいい感じ…!

6月の弥次喜多と9月のしゃばけ続編(屏風のぞきは出ると疑っていない)は行く予定です。

またそのタイミングでコラボカフェとかあれば、行きたいな〜と思います(^^)

 

 

ではでは、ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました!