ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

明治東京恋伽 フルムーン 岩崎桃介 感想

 

岩崎桃介(cv:細谷佳正)

f:id:momoumashi:20170227224545j:plain

見た目  ★★★★★★
性格   ★★★☆☆☆
声    ★★★★★☆
糖度   ★★★★☆☆
シナリオ ★★★★★★

 

桃介さんは紳士的ではあるのですが、合理主義で、どこか淡々としている印象。

惜しいことに、私は「大好き!!」とはならなかったキャラです。

なんか人となりが感じられない…というか。距離が測りづらいのが苦手で。

他のキャラと比べてネタくささが薄いのも物足りなかったし。

でも、不思議なことに、桃介さんと主人公の恋はとても好きだったりします。

 

私は元々、マイナスから始まる恋愛が好みなのですが、そういうのは派手な展開を期待します。だって、その方が説得力が増すから。

桃介さんと主人公の恋愛は、出会ってから結ばれるまでに、特別大きなイベントはありません。が、だからといっていつの間に感もないんですよ。

ここがね、すごいと思った。

流れるような説得力が、すごい。

おまけに桃介さんがドライにぐいぐいくることもあって、主人公共々気付いたらペースに乗せられていました(笑)

私は、桃介さんは個性っていうより、ストーリーがお気に入りです♪

 

以下ネタバレ注意!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は桃介さんのこと苦手だったんです。

価値観も生活圏も何もかも違う冷静で無駄のない人間で、なんだこいつって感じでした。芽衣ちゃんに感情移入したのもあります。

ところが、桃介さんも仕事の失敗で落ち込むんだなぁとか、ヤケクソになるとも知って、だんだん親しみがわいてきて。

悪評なんかはへっちゃらなのに、物の怪への憎しみや悲しみは乗り越えられずにいるとか…、芽衣ちゃんは、そういう桃介さんの真に惹かれてしまったんだなっていうのもストンと納得できました。

 

 

特別なことはないけど、ただ顔を見たくて会いに来た…そんなやりとりを繰り返す二人が、すごくいいな~と思いました。

 

桃介さんと芽衣ちゃんは、今まで攻略してきたキャラと違って、同居するわけでなければ、監視対象でもなく、街ですれ違うこともない。意識して関わろうとしないと進展しません。だからといって何か運命的な繋がりがあるとか、二人の距離が急速に縮まる、ような大きなイベントはなかったと思うんですね。

芽衣ちゃんが、桃介さんに会いに行く自分に「何で会いに来たんだろう」とか気付かないふりをするのが可愛らしくって。

桃介さんも、「遅くなってすみません。今日は顔を見に来ただけなんです。それではまた明日」ってわざわざ足を運んでくれるから、気持ちがふわふわしちゃいました。

 

 

あと、桃介さんのセリフの変化

桃介さんははじめ、芽衣ちゃんの現代話を聞いてこう言いました。

「知らない人のことを信じられるわけないでしょう」、と。

 これが、何度か顔を合わせるうちに「信じてください(私のことを知ってください)に、

そして「あなたなら信じてくれると思っていた(もうお互いに知る仲です)になるんですね。

芽衣ちゃんへの関心度が変わってきてるな~っていうのが、セリフの変化で伝わってきました。 

 

さらに桃介さんは

芽衣ちゃんがイルミネーションを見る姿を「懐かしむようだった」と言い、

「(芽衣ちゃんに)もっと遠い未来の景色を見せるのが夢」だと語りました。

これって、現代の話も心から信じてくれたってことですよね…♪

 

桃介ルートはこういったお話の流れがお気に入りです!

 

 

他にも、芽衣ちゃんがさらわれそうになって必死で助けようとしてくれたのとか、
母だと思っていた人物こそが物の怪で、物の怪への憎しみは捨てざるを得なくなる、っていう落とし方もよかった。

アフターでは、すねたりやきもち妬いたり、チャーリーに対抗心めらめらな桃介さんが見れてもっと親近感湧きましたw

 

なんだかんだ言って結局私は、桃介さんも好きなのです♪

 

 

 

次はラスト、チャーリーです。