ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

百花百狼~戦国忍法帖~ 黒雪 感想

 

黒雪(cv:下野紘)

f:id:momoumashi:20170518094811p:plain

見た目  ★★★☆☆☆
性格   ★★☆☆☆☆
声    ★★★☆☆☆
恋愛過程 ★★★☆☆☆
シナリオ ★★★☆☆☆

 

 

月下丸感想でもチラと書きましたが、黒雪は自ルートより他ルートでの動きが好きでした。闇が深かったよー。

あと、過程がどうこうよりも、依存型の恋愛が私には合わなかったですね。

 

 

 

以下ネタバレ注意!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が勝手に期待していただけなんだけど、黒雪は想像してたのと違って苦手なキャラでした。

乳兄弟ってやけに強調するなと思っていたら、頬すり寄せてちゅっちゅし出すのですかさず「やめいw」って言ってしまった(-ω-;)w

 

告白されても手握られても「私達は兄妹の設定でしょ?」って冷静に返す槐が、全然黒雪のこと意識してるようには見えなくて(内心ではドキドキしてたらしいけど)、黒雪はだんだん黒い本性が見えてくるし、槐への発言は洗脳めいてくるしで、結果依存していく形での恋愛となりました。

これが合わなかったと言いましたが、伽羅や月下丸たちが「それは依存だ」ときちんと指摘してくれたのは好ましかったです。ずっと惑っていた槐が、仲間と合流したことによって冷静になり、微笑を浮かべて決意を新たにするところが最高に冷え切ってて惚れそうでしたw

それで、自覚した上で「依存の何が悪い!」って二人突っ走っていったので、確かに、当人たちがよければ何の問題もないよね…と、ザワザワしてた心もなんだか引っ込んだ。w

 

 

それにしても、黒雪の月下丸に対する思いってなんなんだろう?

影蝕の修行を経て残ったのは槐への思いと月下丸への憎しみだった、っていうのを聞いて地味にショックでした;

他ルートでは憎まれ口をたたきながらも月下丸のこと大切に思っていたじゃない~。そこがいいと思ったのになぁ(^^;)

でも、黒雪が最初に合流した時実は誰が誰かわからなくてじっと様子を見てた、っていうのが悲しすぎて、たとえ憎しみでも兄の存在を覚えていたのだからそれはそれでよかったのかも…しれないです。

それと、加賀での任務は今でも黒雪に悪夢を見せるけれど、そもそも黒雪が加賀に行ったのは、槐を守りたいという黒雪自身の意志だった…と、それを知れただけでもちょっとは救われたかなぁと思います。

 

 

ハピエン主義の私でも黒雪のバッドエンドはなかなか好きです。

あれは、死に際の槐が安らかでいられるように黒雪が幻術をかけてたってことですよね…?

その優しさにかなりぐっときました。

 

 

 

次は五右衛門です!

 

 

 

 

 

 

しかしあの…なんちゃら衆の忍びの技

グルグルの術

 

それはないでしょww