ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

百花百狼〜戦国忍法帖〜 石川五右衛門 感想

 

石川五右衛門(cv:緑川光)

f:id:momoumashi:20170518194948p:plain

見た目  ★★★★☆☆
性格   ★★★★★★
声    ★★★★★☆
恋愛過程 ★★★★★☆
シナリオ ★★★★★★

 

 

百花百狼は五右衛門が推しです♡

かっこよくて、そして和みました~♪♪

大団円みたいなのもよかったです!

 

 

以下ネタバレ注意!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五右衛門と接してるとたびたび流れるギャグっぽい音楽がツボですw

冗談でも迫られればそれっぽいムードになるはずなのに、五右衛門の場合とたんに和やかな雰囲気になっちゃうのがw好き〜( *´艸`)

 

最初は警戒していた槐だけど、五右衛門に支えられてだんだん心を許していきます。月下丸も信頼するようになります。茂吉が旅に加わり賑やかになります。平和でしたね〜。

まぁその茂吉はスパイだったわけですが。槐が五右衛門の心に決定的な一打を与えたのはこの一件のおかげなので、なぜ気付かなかったんだ五右衛門…という野暮なツッコミは飲み込みます。ごっくん。

 

 

五右衛門は何でもないように話していましたが、過去壮絶です。里に売られて、使い捨ての駒として技術を叩き込まれ、それが縄抜けしやすいように脱臼と骨折を繰り返させられたっていうのだから、忍び、怖すぎる

五右衛門がということは半蔵も蝶治郎も同じ経験をしたのだろうし、月下丸達だってそうかもしれない。改めて、槐の箱入りっぷりを感じました。

 

 

徳川に保護されれば安全だから、無駄な抵抗はせず槐を引き渡せという半蔵。

これ、黒雪ルートでは五右衛門の役回りでした。その時の五右衛門は、槐を渡そうとしない黒雪に「利己的だ」と責めるように言っていましたが、頭の回る五右衛門が引き渡した後の槐の処遇に気付かないわけがないと思うんですよね。何が言いたいかっていうと、黒雪ルートの五右衛門は槐のことを本当の意味で助けようっていう気はなかった。このことがあったから、自ルートでは五右衛門の本気度がよく伝わってきて、身に染みるようでした。

 

 

五右衛門が風魔小太郎って言われても(・ω・)フーンて感じでしたが、速攻で助けてくれたのがかっこよすぎてテンションが上がりました♡

それで、ぐわ~っと、もう、

ぐわわ~~っと心をわしづかみにされたのが

 

添い寝スチル!

の、

×2!!!!!!"(ノ*>∀<)ノ♡アァァァ

 

五右衛門の無防備な姿とか、つられて無防備な槐とか、上手く言えないけどスチル1枚目も2枚目もとにかく私の萌えが刺激されましたありがとうございます(*´д`*)ハァ 

この時の五右衛門のモノローグもすごく好きです~。

 

 

裏切り展開については、私、五右衛門は絶対裏切らない(<●>ω<●>)って信じてやまなかったので、槐を言い含める言葉の端々から五右衛門の気遣いを感じてはもどかしく思っておりましたw

策についてはややこしすぎて1回じゃ理解できなかったけど、とにかくすごいんだよね!!

しかも奪ったお金ばらまいて逃げるとかさすが正義の大泥棒だね!!痛快!!黒雪だけいないけど!!ありがとう!!

 

ありがとう石川五右衛門!!ヾ(●´∇`●)ノw

 

 

…というわけで、

幸せすぎてバッドエンドが回収できなかったんですけど、全員終わってから覚悟を決めたら可哀想すぎて案の定大打撃でした(lll-ω-)チーン

でも、悲しみと恨みであの五右衛門があの術で皆殺ししちゃうところ、それも槐の胸から抜いた小刀を使うところとかはちょっとグッときました…←

あの後五右衛門はどうしたんでしょうね。百花のバッドはほとんど後追いですけど、私は、五右衛門は槐の後を追わないと思います。

槐の遺体を何らかの方法で保存できるような…それこそ薬でも調合して傍においてずっと守ってそうで、いろんな意味で震えます。※妄想です

 

 

 

次は蝶治郎です!