ももうまし

ハッピーエンド至上主義

緋色の欠片 最推しの鴉取真弘を語る

 

ムードメーカータイプってふだんは一番好きになることがないんですが、真弘先輩はなんか…ちょっと珍しい感じがしました。

ツンデレというか照れ屋というか、元気で、大人気ないところもあるけど、時には頼もしくて、面倒見がよく、ちょっと臆病で、どことなくオジサンくさい…なんだろう、今までに無いタイプでした!

 

声をあてている岡野さんという方も初めてお聞きして、とっても素敵な声だなあと思いました♡

この方の演技もあって真弘先輩が大好きです!

 

シリーズ全て追ったわけではないので、おこがましいのですが…

真弘ルートの感想として残したいと思います。

以下ネタバレ注意!

続きを読む

緋色の欠片~おもいいろの記憶~ コンプ感想

こんにちは。

本格的に夏が始まりましたね!毎日暑いです…。

 

 

ゲームの方は緋色の欠片Vita版をクリアしまして、

真弘先輩さまに落ちました♡

本編好きな順としては、こんな感じです。

真弘>卓>慎司>遼、祐一、拓磨

でもFDでは真弘先輩の次に拓磨が好きです。

純粋にキャラで萌えるのは真弘先輩や拓磨だけど、卓さんや慎司くんはシナリオが面白かったです。

 

緋色の欠片のおおざっぱな感想としては、戦闘シーンが…ちょっと…長い(笑)

白華の檻の時も思ったんですが、敵と出くわしてから戦闘終了までの描写が長いです。どんな風かというと、一度の戦闘の中で、攻撃して倒したかと思ったら立ち上がり…というのを3回以上は繰り返す感じです。

恋愛に関してはどのキャラも宿命や悩みを抱えているので一筋縄ではいきませんし、糖度も低いですが、ともに戦うことで絆が生まれ、萌えポイントがあって楽しかったです♡

守護者メンバーが仲良しなのでふつうに学園生活を送るゲームとかやってみたいですね。

 

主人公の珠紀ちゃん。

明るく元気、仲間想いの子で可愛かったです。ただ、ルートによっては問題に直面した時に悲観的になる部分が気になりました。

例えば悩む相手に対して「諦めないで!きっと方法があるよ!」と言うんですが、自分自身は行動を起こす前に「どうせ私にはできない…」と落ち込んでしまう場面が多々あって、ええ~…と思っちゃいました。でもやればできる子だったし、ルートによっては絶対に諦めず立派な成長を遂げるので、だからこそのもどかしさですね…。

同じような場面なのに、ルートによって主人公がブレちゃうのはちょっと残念なポイントでした。

 

FDはボリュームが少なかったけど、その他のおまけ(キャストコメントやスペシャルボイス、画像集など)がかなり充実していて嬉しかったです♡

 

 

 

 

以下キャラ別感想です。一部辛口。

ネタバレ注意

続きを読む

花朧~戦国伝乱奇~ コンプ感想

 

こんばんは。

今多くの乙女ゲーマーさんが楽しんでいるであろう戦国時代とは別の戦国の世で、武将達を攻略してまいりましたw

花朧、とっても面白かったです!

ボリュームは長すぎず短すぎず、個別に入るのが早くて、恋愛過程が丁寧でした♡

たまに彼視点が入るのが萌えですね。

主人公は姫としての自覚が足りず、おいおい、と言いたくなることも多々ありましたが、好きな人に対しての想いはまっすぐで個人的には好きです。

シナリオはファンタジー色が濃くなると展開が雑に感じるところがあるので、もしかしたら史実が好きな方ほどしんどいかもしれません。私は歴史に詳しくないんですが、史実を持ってこなくてもよかったのでは…と思うところもあります。

 

キャラクターが魅力的だったので、3キャラほど2周しまして、楽しめたからこその不満点だなぁという印象です。

キャラ萌え重視の方にはお勧めしたい…!

 

ちなみにミニゲーム要素の”手合わせ”はテンポが悪くなるので私はちょっと苦手でした。

どのキャラもよかったのでFDや、音楽がかっこいいのでサントラがあったらいいなぁと思うけど、これ3年前のゲームなんですね…。

 

好きなキャラは…悩みますが、信玄です!

 

ではでは、以下よりネタバレ感想です。

続きを読む