ももうまし

ハッピーエンド至上主義

【うたプリ】プリライ7th 感想

こんばんは!

プリライ7thを2日間配信で観たので、感想です。

 

プリライ7thを経て心の底から感じたことは、プリライは曲の良さを改めて気付かせてくれる、最高のイベントだなあ!ということでした。

 

うたプリの曲ってどれも元気や勇気が湧いてくるものばかりなんですが、それぞれ大なり小なり好みがありまして。

好きな曲はライブで披露されたらより興奮し、自分の中でそこまでだった曲もライブで聴くと「え…?これ名曲じゃん?!」って気が付いて。

その曲を何度も聴くようになって、それが日々の活力になって、変な例えですけど、プリライの後って自分の体の中で景気がすごく良くなる感覚なんですよね。

開催してくれて本当に感謝。ありがとうございました!

 

カルナイに関しては、もういろんな想いがごちゃまぜでした。

ありがとう、どうして、やっぱりすごい、悲しい、最高、、、同時に押し寄せてくる相反する気持ち。

演者の方々はできる限りのパフォーマンスをしてくれて最高でしたが、心の片隅には悲しさがあって、大好きな場所で、こんな気持ちになりたくなかったというのも本音でした。

 

グループ曲のKIZUNAは特にそうなんですけど、

今までは曲に対してどこか他人事というか、これは"キャラの人生から生まれた曲"だから、自分の身に直接当てはまるものではないからと、曲を通してキャラクターを感じて感動していたものが、今回のことがあってまるで自分自身の曲でもあるかような、今までにない一体感を得て涙が出ました。

("彼ら"と書くと紛らわしいのであえて"キャラクター"と書きます。)

それもまた曲に対しての新たな気付きで、改めていい曲だなあと思う一方で、こんなことがきっかけで良さに気付きたくなかったとも思います。

今回のカルナイに関してはもうなんかずっとこんな複雑な気持ちでした(;▽;)上手くまとまらなくてすみません!

 

でも、最高!!っていうプラスの感情が8割くらいですけどね!

 

その他、細かいところの感想はもう皆さんいろんなところで叫ばれているものに私も全力同意なので、割愛します。

 

ではでは、お読みいただきありがとうございました!

ブログとオタ活について

皆さまお久しぶりです。けいです(*^^*)

遊びに来て下さっていた方、どうもありがとうございます!

突然ですが、このブログをおしまいにするか迷っているところです。

 

最終記事から乙女ゲーは、赤い砂と薄桜鬼(鏡花録)、ピオフィのリコルドをやりました!

感想はツイッターでぽつぽつと呟いていて、以前のようにたくさん書くことができなくなりました(--;)

時間の使い方が下手なんですね。

ブログを書くという行動の優先順位がだいぶ落ちちゃってます。

文章を考えて、入力して、読み直して、訂正して…を繰り返す作業に、体力と時間がかかりすぎるのが、きっといけないんだなあ( ̄。 ̄;)

 

このブログは思い出や思い入れがたくさん詰まっているので大切です。ただ同じくらい羞恥心の塊でもあるので、扱いにとても困っています。

きちんと覚えていられたらいいけど、忘れっぽくて、心に響いたゲームやキャラたちでも「ああ、よかったよね〜これ!」という記憶だけで、肝心の中身が思い出せないことがよくあって、その度に寂しく感じます。

ただ記事を読み返すのはものすごく勇気がいりますが。だって恥ずかしいんだもの!ああ消したい!でも消したくない!ああー!!ぐしゃぐしゃポイッ

 

ちなみに新作の乙女ゲーは全然応援できていなくて申し訳ない気持ちもありますが、目標があってたくさんお金を貯めたいので、他に積んでるソフトがあるうちは手を出さないことにしました。

今あるアンシャンテ、ダイロク、ビルシャナ、バスタフェが終わって、その時まだやりたいと思うものがあれば購入することにします。

…そうだな、積みが終わるまではブログも残しておこうかな。

 

プリライ7thは、現地抽選の権利はありますが見送ることにしました。

これについては金銭的な問題ではなく、情勢的なものですね…。自分が持ち込む可能性だってあるし、万が一があると家庭も仕事も多大な迷惑をかけるし、もしそうなったら、楽しいプリライに苦い思い出が残ってしまう(T_T)

せめてもの抵抗というか、友人への譲渡ができないか公式にお願いのメールをしたけど、難しいようで残念です。うたプリを愛する友達にお譲りしたかったな…。

配信にて応援します!

 

最後にオタ活について。

今はグッズや乙女ゲームの熱が落ち着いていますが、アニメを観たり(最近面白かったのはリゼロとはめふら)、ぷよテトやったり、少女漫画(お気に入りは月のお気に召すまま)を読んだりしてて、オタクはもう一生付き合ってくものだなと改めて思いました。

 

ではでは(*^^*)

 

緋色の欠片 最推しの鴉取真弘を語る

 

ムードメーカータイプってふだんは一番好きになることがないんですが、真弘先輩はなんか…ちょっと珍しい感じがしました。

ツンデレというか照れ屋というか、元気で、大人気ないところもあるけど、時には頼もしくて、面倒見がよく、ちょっと臆病で、どことなくオジサンくさい…なんだろう、今までに無いタイプでした!

 

声をあてている岡野さんという方も初めてお聞きして、とっても素敵な声だなあと思いました♡

この方の演技もあって真弘先輩が大好きです!

 

シリーズ全て追ったわけではないので、おこがましいのですが…

真弘ルートの感想として残したいと思います。

以下ネタバレ注意!

続きを読む