ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

【舞台】おん・すてーじ 真夜中の弥次さん喜多さん双 感想

 

こんばんは、けいです。

前回の記事に拍手ありがとうございました!

コメント返信はもうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

では、オトメイトガーデンの記事からの続き(?)です。


時間までオトガと乙女ロードを堪能し、次はおんすて弥次喜多双を観に、新宿、全労済ホールへ。

私、新宿駅苦手です。なんでかものすごく迷う!!(泣)

 

なんとか開演までにたどり着いたからよかったものの、オトガへのストリートビューはばっちり確認したのに、肝心の全労済ホールは確認してないとかアホか私…。

いやそもそもグラハのグッズ探しにギリギリまでうはうはしてるから…。

時間に余裕をもって行動しましょう。。

 

 

飾られている花を眺め、開演10分前くらいに入場……

 

したら、なんかすごいことになっていた。

 

 

詳しくはネタバレになるので伏せますが、客席がどえらいことに…、w

開演前のああいったサービス?サプライズ?って、普通なんでしょうか?それとも珍しいのかな?1作目もあったのかな…?

カオスにお出迎えされて私固まってしまいました。w

これから行かれる方はぜひちょっと早めに入場されるといいですよ(ニッコリ)

 

 

では、おん・すてーじ 真夜中の弥次さん喜多さん双 の感想…?というか、

舞台に対しての視野が広がったよーというお話です。

内容はまだ公演中なのでネタバレしません。

ちなみにお目当ては藤原祐規さんです。

 

 

今作は「双(ふたつ)」とつくだけに続編です。

続編といっても前作を知らなくても観れます。

というか知っててもカオスすぎるので関係ないです。(笑)

恋仲の弥次さんと喜多さんがお伊勢を目指している、という部分だけわかっていればOK。

 

 

そんな弥次喜多双ですが、

面白かった、面白くなかった、のどちらかで言うと私は面白かったです。

 

ちなみにおんTVから入り、1作目のおんすてーじはDVDで鑑賞、しりあがり寿先生の原作は未読です。

正直にいうと弥次喜多は私にとって「面白いなぁこれ!!!」と絶賛するほどではありません。それがこの作品の魅力なのはわかるけど、カオスすぎてついていけないw

 

おんTVは好きです。唐突にクイズ番組になろうが、唐突に食レポ番組になろうが、どんだけ意味不明でも15分くらいなのでむしろちょうどいい息抜きになります♪

ですが、それが1時間、2時間ともなると頭抱えてしまうというかw 始まってから終わるまでどう受け取ったらいいのかわからなかった~。

まぁ考えるな感じろの世界なのかな。

 

 

数日前に、主演の唐橋さん、藤原さんらキャスト数名がツイキャスをやっていて、最近流行りの2.5次元(弥次喜多も2.5だけどあえて区別する)について色々と物申していて、中でも唐橋さんがこう仰っていたのが印象に残りました。

 

弥次喜多は演劇入門にピッタリ」

 

↑「そんなバカな!?」って最初思いましたけどねw( ´ノω`)コッソリ

だってあんなカオスなの…誰が理解できるんですか〜w

 

ところがどっこい注目すべきはそこではなく。

弥次喜多の舞台は、漫才や、歌、ダンス…宝塚(元宝塚の方がいらっしゃるから?)、バレエのような振付…などなど、いろんなお芝居がつまっている…と。

それだけだったら他の作品にも言えるけど、役者さんは弥次喜多をやる時は、

「お客さんを笑わせようとはしていない」

「かっこよくも意識していない」

…んだそうです。

そこが弥次喜多と流行りの2.5との違いというか、キメてないからこそのお芝居が刺されば嬉しいのだとか。

なるほどーと思っちゃいました。

 

私は、いわゆる流行りの2.5次元から舞台を観るようになった新参者なので、どちらかといえば「かっこいい俳優さん」を楽しみたい。その為にかっこいいところを探す見方ばかりしていて、私にとってはこれがイコール舞台楽しいって感覚でした。

 

だから弥次喜多はイマイチなんです。そりゃそうだ、あちらがそもそもウケようと思ってないんだからそういう刺さり方はしないよね。

役者さんの中には、これをもどかしく思う方もいらっしゃる。からそこの、唐橋さんの「弥次喜多は演劇入門」発言だったのかなぁと。

 

演劇ってかっこつけるだけじゃないんだというのにハッとなりました。

今更何言ってんだこいつって感じかもしれませんが、何でもかんでもまるでアイドルものを観るような目で観てつまらないと言うのは、勿体ないことですね!(ノ∀`)タハー

 

 

 

そんなこんなで、

あの世界を理解して楽しむのは私には到底無理だけど、お芝居を楽しもう!って開き直ったら、この舞台面白かったです。

 

あと何より生の迫力は違うしね!

 

 

 

今作も、終始何がリヤルかわからねぇカオスな世界でした。

たびたび声出して笑ったし、お化け屋敷並みのホラーもあって怖かった。

お芝居のジャンル的にいったら…やっぱり私はミュージカルな部分が1番楽しかったです!

…と、こんな感想しか書けませんが、こんなんでも弥次喜多の世界を楽しんだって胸張っていいかな?

 

 

 

 

パンフと藤原さんブロマイドです♪

f:id:momoumashi:20170622111121j:plain

 

 

 

 

今後の舞台観劇予定。

f:id:momoumashi:20170622111114j:plain

8月にヒデヨシ、9月にしゃばけ、来年3月に極上文學 ですね。

ヒデヨシも第2シリーズらしいんですけど…何も考えずにチケットとってしまった…(^^;) ついていけなかったらどうしよう。

 

 

 

乙女ゲー関係のフライヤーもあったのでついでに。

f:id:momoumashi:20170622111105j:plain

遙か6は原作が好きなだけに手を出していませんが、秋兵さんと有馬の見た目がまんまだな~!っていつも思ってます。

神々の悪戯は、よく目にするタイトルだけどやったことはありません。面白いのかな。

 

 

 

 

そうそう、唐橋さんと藤原さんといえば某歌劇伝にも出演されていますね。

そのネタを開幕直後にぶっこんできたのはめっちゃ笑いましたw

 

 

 

 

 

オトメイトガーデン×グラハ&ティアブレ に行ってきた

 

こんにちは!

東京のオトメイトガーデン」が6月いっぱいグラハとティアブレのコラボ中ということで、行きたくて行きたくて行きたくてウズウズして行っちゃった♪けいです。

 

気軽に行ける距離ではないのですが、ちょうど舞台「おん・すてーじ 真夜中の弥次さん喜多さん双」を観に行く予定だったので、急きょ予定に組み込みました!

 

 

オトメイトガーデンの場所は渋谷駅から徒歩5分くらいにある、雑居ビルの4F。

道も建物も事前にストリートビューで確認していったので、方向音痴な私でもすぐわかりました~。

エレベーターを呼んだら、薄暗くて狭くて古いホラーちっくなやつに \ガラーッおいでませ/ されて、階段使おうかと思いました、、。

 

 

4Fに無事到着、初めての入店です♪

ちなみこの時はお一人様の方がほとんどで、同じく一人で行った私にも入りやすかったですよ。

でもだからか会話がなくて異様にシーーンとしている店内w

お客さんは平日&豪雨だったからか少なかったです。

 

 

ランチョンマット~!

f:id:momoumashi:20170622110944j:plain

真之介出た~♪

できることなら前半の、真之介と京子さんのスチルがほしかったけど…!

A3サイズが入るトートを持っていったものの、この時豪雨でびしょ濡れになりそうだったのでやむなく折り曲げました…。

 

 

で、ご飯!

f:id:momoumashi:20170622111009j:plain

 

・姫様の特性オムライス

 腹ペコだったのでオムライス一択です。

 おいしかった!

 

・王子の孤独ドリンク

 孤独じゃないよ!!○○の剣刺さってるよ!!!

 味はミル○ークでした。

 

・真之介のお手製ワッフル

 結構パサッとしていて食べるのに一苦労…。

 フォークで刺したところからボロボロこぼれるという、

 自分の食べ方の下手くそ具合に苦笑。

 

・真之介の英国仕込みストレートティー

 飲んでから写真撮ってないことに気付いたので飲みかけです。

 もうちょっと量入ってるよ!普通のストレートティーだよ!

 

 

あっという間にごちそうさま~♪

 

 

 

コースターもグラハ!

f:id:momoumashi:20170622110952j:plain

同じの2枚とかww 

真之介出なくて惜しいけど、どのキャラも可愛すぎてコンプしたくなります。

 

 

 

前売り入場特典のブロマイドはもちろん真之介で♪

f:id:momoumashi:20170622120116j:plain

アクリルスタンドも買っちゃいました~!かーわいい~。

 

 

 

店内はスチルのパネルが飾ってあって、モニターにはゲームのBGMとかOPが流れていて、いや~~住みたい!好きなものに囲まれた空間って素晴らしい!

グラハはこういうコラボってもう無いと思っていたけど、行けてよかったです♪

 

 

 

オトガを出まして、舞台までの時間つぶしに乙女ロードをぶらぶら。

 

乙女ロードとは

池袋のサンシャイン前から200mほどの道路の片側に、女性を対象にしたアニメグッズや同人誌などを扱う店舗が密集した、「腐女子の聖地」といわれる場所

 

…なのですが、これ言うとアホに思われるかもしれませんが、

私この乙女ロード実在してるって知りませんでした。

何でかって、steel your heart 真之介ソロver のこの歌詞(?)です

 

「どうです?お嬢様。ときめいていただけましたか?

 僕なりに勉強してきたのですが…

 え、全然ダメ!?そ、そんなぁ…

 こ、こうなったら修行だ!場所は…

 やはり池袋乙女ロードでしょうか。・・・」

 

てっきり架空の場所かとw

ありましたよ、ちゃんと!

 

というわけで全部のお店を回る時間はなかったのですが、適当にぶらついてたらこんなものを発見しました!!

 

f:id:momoumashi:20170622120109j:plain

思わず買っちゃったー!!!

できればお金は公式に落としたいから我慢してたけど、これは京子さんもセットだったので流れるようにレジに持っていきました。

京子さんの笑顔!真之介のドヤ顔!可愛い!!

 

ちなみにプリライのリングライトとかもわさわさ売られててちょっと驚きました~。

乙女関連の中古グッズがいっぱいあって、掘り出し物ないかな~?って眺めるだけでも楽しい乙女ロードでした♪

 

しかし真之介は、ここで一体どんな修行をするつもりだったのかw

 

 

 

 

というわけで、

とりあえず乙女関連のレポでした~。

 

 

そうそう、これを書いている時にうたプリのちゅんコレが届きました。

f:id:momoumashi:20170622132622j:plain

カルテットナイト♪

 

 

 グッズが増えてきて本格的にグッズ棚を作らなきゃいけなくなってきた…

 

 

 

同日行きましたおんすて弥次喜多双の感想は記事わけます。

 

 

 

熱血異能部活譚-Trigger Kiss- 個別感想

 

トリキス個別感想です!

ネタバレ無しですが、ちょっとでも気になる方はご注意くださいね。

 

プレイ前気になる順

大和>御門>梓馬、万里 で、

 

クリア後好きな順

御門>宗也、万里≧大和、巌>梓馬 です!

 

 

 

 

神崎梓馬(cv:鳥海浩輔)

f:id:momoumashi:20170615115137j:plain

梓馬に関しては、

「悪い人じゃないんだけど……」

って最初の方で言ってたクラスメイトに同意w

梓馬好きの方には申し訳ないのですが、私は熱血キャラ苦手なのでいきなり積みかけました。と言っても最終的には愛着持てました♪

周囲からバカバカ言われても一身に引き受けてくれる、愛すべき熱血バカです(←)。鳥海さんのこういうキャラって珍しかったなぁ。
大和攻略中は梓馬の存在って大きかったし、こういう、頭より体動かす方が性に合ってるぜ!!みたいなキャラってどっしりしていていいよね。
ただそれと恋愛とは別の話で、乙女的には全然かすらず終わりましたw
というかこのルートの双葉がかっこよくて好き。あんなに根性見せるとは思わなかった…!
あと、双葉の能力的にこのゲームは盛り上げどころでどうなるのかが察しがつくんだけど、んん〜、それでもかなり唐突感ありました。せめてもうちょっとドラマチックにしてくれたらよかったな。

 

それでその、つっこんでいいものか迷うけど、最後のって某洋画ネタですか…?w

 

 

 

昴大和(cv:野島健児)

f:id:momoumashi:20170615115507j:plain

「クリア後に印象の変わる人」という噂通り、大和先輩は…面白かったですね…ww

基本は見た目通りの頭脳派クールで、口悪いSなんですが、残念ながらこの人はどれだけかっこよくドヤってもかっこつかないオチですw 合宿イベントはひどかったww公式ブログに載ってたボツアングルのスチルとか、本当アレ採用されてなくてよかったですよww グラハの幸斗といいティアブレのアタルヴァといい、中村Dは青担当をただのクールキャラにさせないポリシーでもあるんでしょうか?(笑)

完全無欠に思わせといて、イメージがガラガラと崩れていく大和先輩ですが、そこにくすぐられるか幻滅するかは人によるでしょうね。私は可もなく不可もなくですw

それにしても本当に双葉がデレなくて!そういう性格なんだって思ってるので嫌とかじゃないんだけど、もうちょっとわかりやすくしてくれてもよかったなぁ。

 

あ、大和先輩の異能使う時のポーズ好きです♡

 

 

 

山田万里(cv:山下大輝)

f:id:momoumashi:20170615121644j:plain

ビームって(笑)

ぶっ飛びすぎでしょうw笑いましたよwwあと豹変するのも笑ったw

梓馬に続き熱血キャラだったから正直最初はしんどかったけど、さすが年下担当、先輩先輩って慕ってくれて可愛かった…。

あと万里くんは試合の時双葉のために全力全開で戦ってくれるのでその超ド直球さに貫かれました…!熱血苦手とか言っておいて万里くんには甘い私。あとさぁ、こういう弟キャラって将来が楽しみだよね…。

万里くんに限ってはツンデレの双葉も表情が柔らかかったですね。素直に仲良しさんでした。ただそれが私には終始弟を見るような目にしか見えなくて、相変わらず異性として意識してたのかどうかがわかりにくすぎるのが難点。こういうキャラがツボな人は関係なく萌えるんだろうか?

 

 

 

古賀御門(cv:阿部敦)

f:id:momoumashi:20170615123737j:plain

御門くん楽しかったなぁ~ww

毎度双葉に悪戯してシメられるオチが最高でした。

中でも合宿イベントがほんっっとーーーーにくだらなくてww、そのくだらないシーンにスチルやカット裂いちゃうところが大好きですww

とまぁバカな感じで前半はすっごく笑わせてくれた御門くん、顔良し性格良し頭脳良し運動神経も抜群なハイスペック男です。

異能部ではチームのブレインとしてかなり頼りになります。勝つためなら双葉もきっちり有効活用するところが好きです。

こういうマイペースでチャラそうな男が、練習で真面目だったり、一途に想ってくれるとコロッといってしまうよね〜(*ノД`*)

途中御門くんの身に起きる出来事で話が重くなりますが、双葉の後押しの仕方がすっごくらしくて、みんな優しくて、その後のキラキラ感とかキュン度には完全にやられました~!!なんといっても決勝戦前のあのイベントね。スタッフのこれみよがしなドヤァ!!!にアアァアアァァwwと悔しがりながら落ちました。w

もちろん決勝戦もめちゃんこかっこよくって、万里くんもそうだったけど、双葉を想って全力出すところが私の乙女心をかっさらっていく(^q^)

阿部さんの喋りのトーンも大好きです

FDがないのが、本当ーーに惜しいです…!

 

 

 

 

サブ攻略:

葛城宗也(cv:平川大輔)&陸奥巌(cv:佐藤拓也)

f:id:momoumashi:20170615135256j:plainf:id:momoumashi:20170615135309j:plain

 画像これしかなかった!

 

宗也先輩ね…ww見た目が金髪超ロン毛で、初登場時は背景に薔薇の花が咲くというある意味ベッタベタな他校生の先輩。好戦的で選手としても強く、近寄りがたい感じだったんですが、天然すぎて苦手意識ふっとびました(笑)

なんていうか、お上品な梓馬とでもいいましょうか、頭はいいのにふとした発想が梓馬と一緒ww 要するにこの人も熱血バカ

合宿イベントはもちろん、万里ルートでもズレてて爆笑でしたw

 

対しては、他校生の不良という設定でそれこそ近寄りがたいはずなのですが、宗也先輩・その他が強烈すぎて普通に常識人に見えましたw イベントもふっつーに王道だった(ノ∀`)w

サバサバした双葉とはお似合いで、この二人の会話はもうちょっと見たかったです。

 

宗也と巌はおまけ程度で、恋愛フラグがたった、というところで終わってしまうので、この二人目当てにはしない方がいいでしょう。

いいキャラしてるのに、もったいない!

 

 

 

 

感想は以上です!

コンプ画像とそのシーン再生が全員すごくよかったので、やっぱりもうちょっと恋愛強めにしてくれたらもっと萌えただろうな。

それでも楽しくプレイできたので、ありがとうございました☆

ではでは。

 

 

※「熱血異能部活譚 Trigger Kiss」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

 

 

熱血異能部活譚-Trigger Kiss- 総評

 

こんにちは、お久しぶりです。

前記事に拍手頂きましてありがとうございます♪

 

最近切り絵を始めました。

ブログじゃなくてツイッターにはあげていたのですけど、好きなキャラを切るのにハマっています♪ なかなかの時間泥棒です。

 

トリキスは合間にプレイしてのんびりコンプしました♪

 

 

さて、近況もほどほどにして感想に移りたいと思います!

ネタバレ無しです。

「人に勧めたい勧めたい」な内容ですが、よろしければどうぞ〜!

 

 

 

熱血異能部活譚-Trigger Kiss- 

熱血異能部活譚 Trigger Kiss 限定版 - PS Vita

 

 

楽しかった!

 

トリキスの特徴は

熱血、部活、少年漫画風、恋愛過程薄い……なのですが、

私がこのゲームを買った決め手は中村D×きなみ由希さんのタッグです!

このお二人はグラスハートプリンセスと悠久のティアブレイドも手がけています。

そして私はこの二作品が大好きなんです~~!!

だから、本当は作風全然好みじゃなかったけど「まぁいけるっしょ!」という謎の安心で手にし、「笑えればいいや!」というとても失礼な感じでプレイ開始。

 

結果、

 

中村D節好きだ〜〜!笑

 

 

きなみさんの

キラキラな絵も大好きだ~~~~!!!"(ノ*>∀<)ノ♡

 

 

…と、再認識しました☆

 

 

ギャグ性が強いので人によってはそれが合わなかったり、

キメる場面のドヤ感はサムく思われるかもしれません。

 

主人公はものをはっきり言う活発なタイプで、手も口もツッコミが激しいです。

あとこの子全然デレない。

 

私としてはその潔さ、ギャグのくだらなさには爆笑でした。し、

「ほら、キュンときただろ?」って言わんばかりのキラッキラなスチルには悔しがりながら萌えてしまうので、つくづく好きなんだなぁと感じます、w

 

意外だったのは異能バトルのシーンが楽しめたこと。

 

メインキャラたちはみんな"異能"っていう特殊能力を持っていて、どんな力なのかは様々なんだけど、普通にスポーツの一環として高校異能部で全国制覇を目指します。

試合はチーム対抗で、ルールはあれど異能なだけに何でもアリ。

接近戦でボコスカ殴ったり燃えたり地面割ったり、なんかよくわからないビーム飛ばしたり、

相当ぶっ飛んでるけど、自分と仲間の力を駆使してどう対抗するかみたいなのが結構面白かったです。(音声で誤魔化すとかただの力押しもあったけど)

主人公もルートによるけど体張ってかなり活躍するし。

 

とか色々書いたけどなんていうか私は、

 

 

中二くさいのがクセになった(*ノД`*)アッハ

 

 

ちなみに技名叫ぶとかはないですよ〜。

 

 

 

システムは

主人公の顔グラ(一部立ち絵あり)デフォ名呼び

文章が縦書きで立ち絵が会話ウインドウによって隠れないのも個人的に嬉しい要素でした

ふきだしやコマ割り演出は漫画を読んでいるような気分になります。

選択肢は雰囲気や表情を選ぶっていうこれまた変わった試み。

画面にキスしろっていうアレは、人差し指でタップしてやりましたよ( ´▽`)笑

 

かなりテンポ良く進み、各キャラ1エンドなので二周目以降は2〜3時間で終わりました。すごく短い。

全員ハッピーエンドです。

 

 

と、面白いよ〜面白いよ~と散々上げてきましたが、私がこんな風に楽しめたのは前情報のおかげとそもそも期待値0だったからです。

フルプライスで期待して始めたら物足りなかったでしょう。

恋愛も、全くないと思っていたからこそ楽しめたのであって、超薄いのは事実。

 

勧めるからにはあらかじめそういう中身なんだよっていうこともお伝えしたく思います。

 

 

褒めたいのか貶したいのかよくわからないことを言っていますが、私は推しキャラも増えたしプレイしてよかったです♪

 

 

これからプレイする方がいらっしゃったら、

「熱血>>>>>>>>恋愛」を胸にとめておくといいと思います…!

 

 

 

トリキスは熱血、青春、ギャグが詰まった少年漫画風乙女ゲーム(?)です。

熱血ものが好きな方、ちょっと気分転換したい方、おすすめします!

あ、喧嘩番長乙女とか好きだったら合うかも(*^^*)

 

 

 

この夏、異能部で青春を味わいませんか♪

 

 

 

以下からはキャラクター・攻略順についてです!

 

 

メイン攻略キャラは4人。


熱血バカな先輩:梓馬(cv:鳥海浩輔)

いじめたくなるSな先輩:大和(cv:野島健児)

セクハラマイペースな同級:御門(cv:阿部敦)

熱血弟キャラな後輩:万里(cv:山下大輝)

 

 

 

ちなみに私は、御門くん灼推しです!!!

f:id:momoumashi:20170613223746j:plain

可愛い・かっこいい・頭脳明晰が揃ったおいしすぎるキャラでした♡

阿部敦さんのお声が、可愛こぶってるのに全然鼻につかなくてすごいのです。「はーい♪」が特に好き♡

御門ルートは前半笑いすぎて汗かいたし、後半はキュンキュンきたのでここでゴリ押ししときますね(ノ∀`)♡w

 

 

 

おすすめ攻略順は、公式通りで私は満足できたので以下の通りです。

梓馬→万里→御門→大和→巌&宗也

熱血キャラが苦手だと梓馬→万里はなかなか辛いけど、それでも初回は梓馬をおすすめします。

後は好みで順番入れ替えてもいいかも。

このゲームに重要な真相がどうとかはありません。

 

ちなみに一番恋愛してるのは御門ルートです♡

 

サブ攻略の巌と宗也はおまけ程度ですが、ライバルキャラ総出&主人公に関係する何かがあるので最後がすっきりすると思います。

 

 

 

 

ではでは、お付き合いくださりありがとうございました!

個別感想は別記事にてまとめます。

 

 

※「熱血異能部活譚 Trigger Kiss」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

 

【うたプリ】 プリライ 6th 感想 1日目・ライブ(ネタバレ無)

 

こんにちは、けいです。

以前の感想記事や、先日のプリライ記事への拍手、

コメントありがとうございました(*_ _)

 

引き続きプリライ6th、1日目・ライブの感想です!

 

このライブ、セトリや演出が驚きの連続で盛り上がったので、

まだ詳細知らないよーな方にはぜひ実際に観て楽しんでいただきたいです(*^^*)

…ネタバレの方はまぁ、調べたらわんさか出ますし、

私の反応もそれと大体一緒ですので、ここではできるだけネタバレ無しでお伝えします☆

DVD待ちだけどどんな感じだったか知りたいプリンセス、

またはうたプリ知らない乙女の皆さまにも、

こんなに楽しかったんだよー!!な気持ちが伝わればと思います。

よろしければお付き合いください。

 

 

ちなみに私、カルナイ推しで熱意がカルナイ寄りになってしまうのでご了承ください〜。

 

 

 もくじ

  • ☆3グループの出番 
  • ☆カルナイが斬り込みスタリが出てくる
  • ☆ライバル登場
  • ☆エンジェルたちの歓声
  • ☆演出
  • ☆デュエット曲
  • ☆決戦ライブ
  • ☆1日目のアレやコレ
  • ☆カルナイ語り

 

 

☆3グループの出番 

カルテットナイト→スターリッシュ→ヘブンズの順でした!

それぞれのグループ曲とソロを披露した後、次のグループへ、という流れだったので、グループ分けされたわかりやすいセットリストだったと思います。

出番の多さは、スタリとカルナイが同じくらい、ヘブンズだけソロがなかったのでその分少なめ、という感じです。

ヘブンズファンには寂しかったですね。

 

 

☆カルナイが斬り込みスタリが出てくる

5thライブの時もそうだったんですけど、スターリッシュの先輩であるカルテットナイトがまずどんどん歌い上げていきます。なので、一瞬プリライなのにカルテットナイトのライブに来たかと思っちゃうくらいなのですが、私この流れすごく好きなんです。

うたプリの世界に加入したのはカルナイが後ですが、作中ではカルナイが先輩です。

それで、先輩であるカルテットナイトがまず斬り込む。充分高まってきたところでスターリッシュにバトンタッチ。待ってました!!と会場のテンションMAX♪

先輩がまず背中を見せて後輩に繋いでいくこの感じが好きなのです♪ …ま、私の勝手な妄想ですけど!

やっぱりプリライのメインディッシュはスターリッシュ、というか。

私はカルナイ推しですけど、スタリの面々が出てくるとああうたプリのライブに来たな〜って感じます。

 

 

☆ライバル登場

今回の6thでは、更にその後ライバルであるヘブンズが登場します。

ヘブンズ本当に出てくるんかと疑うくらい焦らされました(笑)が、

瑛一の「イィ…イイッ!!」が聞こえてきた瞬間また会場中が笑…沸き立ちましたね( ´▽`)☆笑

プリライにヘブンズが加わったことで、また新たな盛り上がりを見せました♪

 

 

☆エンジェルたちの歓声

中でも特に人気だったのは瑛一綺羅瑛二で、このあたりは黄色い声がすごかったです。

大和も歓声がたくさんあがっていました( *´艸`)

一方ナギが喋ると「キャー!!///」ではなく「カワイー!!♡」になるところがさすがw あ、あざとかった!w

シオンはあの難読な電波喋りを皆さんあたたかく見守ってるのが愛されてるなぁと思いました♡ 私ヘブンズはシオンが一番好きです♡

ヴァンは、これ私だけかもしれないけど、1人だけガッツリ関西弁なのがあんまりアイドルっぽくなくて気さくな兄ちゃん出てきたみたいで「ww キャー!!ww」って草生えちゃうんですが、気のせいじゃなければ、私と同じような方他にもいらっしゃったように思いますw (ヴァン好きの方、不快な思いをされたらごめんなさい!)

 

まだ登場回数も少なく謎の方が多いヘブンズですが、痛バを作るほど推すプリンセスも多くいらっしゃいましたし、初登場でも会場はあたたかく迎えていて良い雰囲気で、プリライって楽しいなぁ!!と感じました♪

 

 

☆演出

前にキャストの方々が「次はこうしてみたい!」と言っていたのが実現したり、全く予想していなかった展開でみんな笑顔になったり、素敵なアレンジがあったり、とにかく驚きの連続でした!

やりたいって言ってもさすがにそれは無理でしょwと内心思っていたのを本当にやっちゃったのは、目が飛び出ましたね…!

 

 

デュエット曲

音也と瑛一のデュエット、NEXTDOORは寺島さんの放つ闇落ち音也のオーラがすごくて、辛くて、プリンセス達から悲鳴じみた声があがっていたり。

でもフルサイズで聴くと印象が変わるんですねこの曲。私、最初は瑛一が悪者にしか思えなかったのですが、最後のサビで好きになってきました。

音也推しには辛いかもしれないですが、見ものです!

他のデュエット曲もみんなアニメをもう一度見ているような感覚でしたね〜。

 

 

☆決戦ライブ

似せたステージ、同じ振付、同じアングルでモニターを映すなど、決戦ライブ曲をやった時私たち、完全に画面を越えてうたプリの世界に行ってました!

God's S.T.A.R.も、不滅のインフェルノも、WE ARE ST☆RISH!!も、キャストと観客の一体感が最高に気持ちよかった~!!

 

 

☆1日目のアレやコレ

私が参戦したのは1日目。

この日はリストバンド事件で開演が大幅に遅れました。曲目はMCの時間を削って全曲歌ってくれました。

予定の上演時間が短くなったこと、それでトークが聞けなかったこと、また、機材トラブルがあったこと……悲しくない、悔しくないといえば嘘になりますが、私は彼らの歌が何より大好きなので、歌を削らず思いを全部込めてくれたのならあえて言うことはありません。 2日目は改善されたようだし、公式も、もちろん私達ファンも、次回のプリライの教訓にできたらいいんじゃないかな。(次、やってくれるよね?(*゚∀゚*))

…なんて、偉そうに言って、簡単なことではないのかもしれませんが。

 

キャストの方々のツイッターやブログでは、グループ同士が良い刺激になって、自分たちももっと上へ、もっとと、高みを目指そうっていう気持ちがつぶやかれています。充分すごいのに…!

表には出ないけれど、スタッフの方々だって熱い思いを抱えているだろうし、プリライを作る者の思い何か一つでも欠けていたら、あんなに最高なライブはできませんよね。本当に感謝です。

 

そんな、作品に愛ある素敵な方々が連れていってくれる最上のステージを、これからも応援していけたらなと思います☆

 

………

 

物販はもうちょっと、幸せになれるよう頑張ってほしいな!

 

 

 

 

あともうちょっといいですか?

 

ここからはカルナイ好きによるプリライ6thのカルナイ語りです!!( *´艸`)

ネタバレは、ないです!

 

 

 

☆カルナイ語り

まえぬがどんどんイケメンになっていく件

4th、5th、カルライ、6th…と、回を追うごとにどんどんイケメンになってきてて、カメラで抜かれた時とか、前はそんな表情しなかったよね!?とびっくりするくらいキメてくるんです前野さん。

前野さんって、メンバーからの話であったりカルナイのライブで流れた映像でもわかるんですけど、暇があればどこでもダンスとかの確認してるらしいです。カルナイのメンバーでご自分だけ声優以外の活動をされていないから、気にされているようなんですね。

だけど、努力してキャラクターに近付こうとしているのが、プリライを重ねるごとにすごく伝わってくるんです〜。どんどんイケメンになってきて、どんどんファンサが上手くなってきて、そういう姿が…努力して自信に繋げるところが、カミュというキャラに通じるなぁと思うのです。

見た目はカミュと似ても似つきません。でもちょっとした仕草がすごくカミュっぽくて、愛に溢れていて、カミュ様がそこにいるように見えるのです。ただの贔屓目かもしれないけど、俳優じゃない方がそんな風に思わせてくれるのって、すごいことだなって。

 

 

蒼井翔太が美風藍だった件

冗談じゃないです。本当です。

蒼井くんって綺麗なお顔だから、常日頃からリアル藍ちゃんっぽいな〜と思っていたのですけど、今回髪型と髪色をキャラクターと一緒にしてきてて遠目から見たら完全に美風藍でした。モニターにアップで映っても完全に美風藍でした。で、美風藍の歌でしょ。

わたし、美風藍に、会った。

 

 

黒崎蘭丸のバラードに拍手

今回蘭丸はソロでダンスをやらなくて、バックダンサーもいなくて(いなかった…よね?)、本当に歌だけっていうステージだったんですけど、最高にロックでした。

最初は曲に合わせてライトをゆるく振っていましたが、気付いたらライト持ったまま棒立ち。完全に聴き入ってました。周りのプリンセスたちもそうだった。

スタンドマイクを握っているだけなのにあんなパフォーマンスができるなんて、歌唱力はもちろんだけど、何より達央さんは蘭丸のこと愛してるんだなって思いました。

 

 

ダンサーを従える森久保祥太郎

森久保さんって前に俺踊れないから〜みたいなこと言ってた気がするんですけど、実際激しいダンスするような曲もなかったんだけど、えっと、今回ガッツリ踊ってましたね!?

今の足さばき何っ?その腰使い何っ…!?ダンサーをバックに先陣切ってる…!!?

マラカス振ってるカッコ可愛い嶺ちゃんじゃなくて、キレキレの超シビレるカッコイイ嶺二さんがいましたよ…!!

 

 

 

 

語りたいこと、以上!( ´▽`)w

 

長々と、こんなとこまで読んでくれた人は果たしているのかw

 

 

お疲れ様でした(*_ _)

ここまで読んでくれた方いらっしゃいましたら、貴重なお時間頂きまして、どうもありがとうございます。

 

 

ではでは!☆

 

 

 

 

 

続きからコメント返信です!

続きを読む