読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

Code:Realize~創世の姫君~ フラン感想



フラン

見た目   ★★★★★★
性格    ★★★★★☆
声     ★★★★☆☆
シナリオ  ★★★★★☆
恋愛過程  ★★★★☆☆


最後まで焦らしプレイ。


ネタバレ注意!!!!




















一番初めに攻略。声がナルシストっぽいというか、少し鼻にかかったような感じで苦手部類かと思ったけど、すぐ慣れた。

ひとあたりが良くて柔らかい雰囲気、見た目もふわふわ茶髪にまるい眼鏡が可愛い!

ふわっとした笑顔とくしゅっとした笑顔がすごく好き。あとフランって意外と高身長だよね?インピーの次に大きいんじゃないかな。

なんで首にヘッドフォン下げてるんだろうと思ってたら聴診器だったことに爆笑した(笑)

シャカシャカ鳴らしながら音楽聴いてんのかと思ったよ、フラン…。





フランルートは、フランがカルディアを生み出すきっかけとなるもの、ジクテリウムを作ってしまったっていうところで深いつながりがあった。フランがカルディアに負い目を感じて入れ込むのも納得だし、それでカルディアがフランを気にしだすのも納得。といっても、やっぱり恋愛過程に関しては個別に入ったとたんの突然の両思いに若干遅れを取る。まあ脳内補完できなくはないのと、僕のせいだごめんっていうフランに、迷わずありがとうと返したカルディアが本当に綺麗で印象的だったので、過程に関しては軽く流しておく。あ、でも共通最初の方で、カジノに行ったときのお菓子を食べ歩くシーンはすごく好き。なんとなく気恥ずかしくなっちゃうカルディアが可愛かった。





個別では改めて聴診する時のやりとりとか、終盤でカルディアがフランに、この気持ちは何?教えて?みたいなことを言い出すところとか、フランルートは二人の可愛さに萌え転がることが多かった。可愛すぎだちくしょう!

話自体は重いけどフランには常に愛されていたので、一応恋愛してるなという自覚は持ったまま進められた。





フランは科学とか錬金術とか、明らかな頭脳タイプで天才的なんだけど、単独で危険な調査に行ったり女王に直談判したり、カルディアを背にかばうことも当たり前で橋からも飛び降りるし…見た目に似合わず勇敢さを持っていてギャップ萌えのわたしとしてはとてもときめいた。

でも体力は人並みですぐに息切れしちゃうところは並みの人間っぽさが出てて良い。





ラストはカルディアさえ生きてくれればっていう自己犠牲型が多い中、フランは好きな人を置いて死ねるわけがない!っていう別の強さを見せてくれてすごくかっこよかった。力ではなく言葉で説得しちゃうあたりも。

レオンハルトと女王のやりとりにも感動したよ。





カルディアは結局解毒されずに終わるんだけど、ジクテリウムのサンプルのおかげで一時的に抑える薬はできたらしい。

わくわくしながらそれをカルディアに飲ませたのかと思うとフランほんと可愛い。さっそく手出しちゃうフランのスチルも萌え転がった…。

これなら解毒する日も近いんじゃないかなっていう、希望の光が見えるようなエンディングだった。



おまけシナリオはあれはあれで面白かったけど、どうせならエンディング後のラブラブシーンを入れて欲しかったなあ。