読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

遙かなる時空の中で6 九段感想




九段


見た目  ★★★★★☆
性格   ★★★★★★
声    ★★☆☆☆☆
恋愛   ★★☆☆☆☆
感動   ★★★★☆☆



九段はいい子。


ネタバレ注意!!!!



















ごめん、九段は声が無理。性格的にもこれは地雷かな~と思ってたんだけど、・・・どころがどっこい、性格はかなりよかった。

声もなあ、低い声とか叫んだ時の声は平気なんだ。だから★2つ。

でもヴォーカル集の九段の歌声は好き。可愛い。あれはいい。不思議な声質だね。





一番期待してなかった彼だけど、あるキャラクターは攻略ルートが増えれば増えるほどボロが出るのに対して、九段はどのルートでもほんっとに性格がいい。ブレない。好感度うなぎのぼり。





無垢で天然であざとい、とくると結構地雷になる確率高いんだけどね、九段はそれだけじゃなくて、芯の強い頼れる人だった。



戦闘能力が高くてキュンとか、男らしさが垣間見れてキュンとか、わかりやすいギャップじゃないけど、遙か6っていう作品を終えた後に、ああ、九段っていいやつだったなあってしみじみ思える。





この作品に出てくるキャラクターって、本当に誰もうじうじしないんだよね。

そりゃ悩みとか抱えてるものはそれぞれあるけど、みんなわりと前向きというか。

九段はそれが顕著だと思う。

特別な家系に産まれて、少しもひねくれずにまっすぐ育つのもすごい。

不吉な未来を予知すればそれを防ごうと動く。

防げなくても、冷静に受け止めて次にやるべき事を考えて動く。

不穏なことがあれば、まずは本人に会って事情を確認する。

つらいことがあっても表に出さず、他人を気遣う。

とっさのことでも場の空気を読んで話を合わせる。

それぞれの立場に囚われず、信じられるかどうかを見極めて判断する。



なに、この、めちゃくちゃいい人。



ベタ褒めだよ。





ただ、人としてはすっごい好きなんだけど、恋愛になるととたんに『『違うッ!』ってなってしまうのは何故なんだろう(笑)

梓も、他の人と比べると、九段とはイマイチ恋愛してないよね。いや、九段からはぐいぐいくるんだけどさ。

なんとな~く、九段と結ばれることになりました、みたいなゆる~い感じ。

恋愛過程が薄いというより、単純にあまりタイプではないんじゃないかな(笑)

物語に引きずられて、気付いたら九段ルート入っちゃってましたあ!みたいな。

九段ばっかりときめいてて梓の反応が薄いせいかも。



でも、千代が倒れた時に梓が泣いてしまって、それをすぐ追いかけてきて『これで拭けばよかろう』って、後ろから包み込むように袖で涙をぬぐってくれる九段にはキュンとした!優しいな~。



九段の優しさと、頼ってもらえない自分のふがいなさに涙する梓に、



『ぬしの優しさに甘えて一言だけ、つぶやこう ・・・我もつらい、と』



なんていい人なの!!!





もうー、ね、ほんとに九段は聡い子だよ。







後に進さんが絡んでくるわけだけども。 見た目より男らしいんですねって梓が褒めたら、わかりやすく嫉妬して面白い。

どうもせん って、明らかに不機嫌そうじゃんかw

千代と進さんに触発されて梓を抱き寄せちゃうあたりは、やっぱ単純だなあーと思う。このあたりかな、恋愛としてみれない原因は。

九段はこの時恋心を自覚したみたいなんだけど、じゃあ今まで無自覚だったのかと逆に驚いた。やっぱり天然だったのね。



間が悪く進さんに邪魔されてすごい不機嫌になったのは笑った。





夜会用ドレスの試着のシーンでも、『駄目だ 動悸が・・・治まらない・・・』とか言い出す九段と、病気と勘違いして部屋で休ませようとする梓の噛み合わなさがまた笑えた。

ベッドで横になれと言われて動揺して端っこにちょこんと座る九段が可愛くてもう。

ドレス姿を褒めるのに出直してくる!って勢いづいて1時間も折り紙やってたのかと思うとほんと、ね。

初恋だからか知らないけど、九段だけが急に盛り上がっちゃうのがいちいち笑えてしょうがない。

『もしや、ぬしも我をーー』とかいって手つないでくるし、ううーん、今そういう気分じゃありません(笑)



梓もこの雰囲気やばいって気付いて、鶴を折ろうって提案。若干しぶりながらも承諾する九段に、『いい人だ・・・ちょっと残念そうだったけど、引き下がってくれた』とか言ってるあたり、梓にとって九段はまだ『いい人』だし、いい雰囲気壊しても『残念にも思ってない』らしい。

急に盛り上がっちゃう九段に対して、梓が冷静すぎて笑える。もう笑えるしか言ってないな。



夜会では役目がある為エスコートできない九段。もちろん文句を垂れてたみたいで、それを『ぶつくさ言ってたし』って言う梓。

梓wwいやしかしこの温度差が好きである。





今まで夜会では、庭でダリウスに『結界の詰めが甘いね』とか言われてたけど、九段も結界が及ばない場所があることは気付いていたらしい。

それで自ら警備してたなんて、偉い。



このあたりから軍がきな臭いと嗅ぎつける九段。憑闇と軍について冷静に分析してる。凌雲閣の結界を解くことについてもあっさり了承してくれるし、九段は融通がきいて大変良い。





邪神の鱗のせいで頭痛に悩まされても、『不安にさせてすまない、大丈夫だ』って梓の頭を何度もなでてくれる。もーーーこの人は。 頭痛と悪夢で相当つらいはずなのに、やっぱり梓を気遣うのね。

普段は子どもっぽかったり可愛かったりするのに、こういう時はずいぶん大人っぽい。



しかしついには倒れちゃう九段。

床で抱きしめる梓とのスチル、いいなあ。

梓の表情と、ぼんやりした様子から安堵したような顔になる九段の差分が好き。







凌雲閣地下では九段が片霧に操られて結界を張ってしまうという事態に。

『ぬかったな・・・あの男、真っ先に片付けておくべきだった』





おい

なんてこと言うんだ ダリウス!!
(笑)





九段はめちゃくちゃ頑張ってんだぞ!

まったくこの首領は!



そして千代を助けようとする梓

九段に必死に語りかける梓



見習え、ダリウス(笑)





おおいに盛り上がってきたところで、力をふりしぼる九段。使命だなんだとこだわっていた人が、自分の幼なじみと想い人を助けるんだと、やっと言ってくれた。



邪神の鱗は自力でとっちゃうし、守りの腕輪はしっかり機能するし、村雨ルートではあんな術も習得しちゃうし、九段万能すぎですな。

他ルートだとまったくの空気だった腕輪が、神子二人ともに役立っててよかったな。





千代と梓が飛ばされちゃったあと、四神を呼ぶ展開に。朱雀組が可愛すぎてはげ萌えた。コハク、ちょっとここに来なさい。(にっこり)







九段は残留かと思ってたから、あっさり現代にきちゃう展開でわたしもええっ??って拍子抜け。

力も失って役目を果たしたから悔いはないらしい。



『物語の主役のように自由に生きてみたい』



この言葉で、ああ、よかったなあ・・・ってじんわりした。

星の一族の末裔ってことに特に縛られていたわけではなかったと思うけど、それでもやっぱり、憧れる気持ちはあったんだよね。無事役目は果たせたし、力を失ったことが、逆に未練なく決断できる要素になって結果オーライだなと。





秋兵に負けるとも劣らずなすさまじい公開プロポーズを見せつけられたけど、例によって微笑ましいわ。





現代の和服姿が似合ってて素敵!

このスチルもいいなあ。







九段は人としてはすっごく良くて好きなんだけど、『懐かれる』感覚で、わたしにとっては恋愛対象にならないところがちょっぴり残念。

どちらかというと家族的な親愛。

他の人がやるとうざく感じることでも、九段ならつい許せちゃう、そんな愛情がわいてくるキャラクターだった。