読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももうまし

ハッピーエンド至上主義。主に乙女ゲーム感想 ネタバレにご注意ください

下天の華 愛蔵版 秀吉感想

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版


羽柴秀吉(cv:森久保祥太郎)

f:id:momoumashi:20161115203321j:plain

見た目  ★★☆☆☆☆
性格   ★★★★☆☆
声    ★★★★☆☆
糖度   ★★☆☆☆☆
シナリオ ★★★★★☆

※夢灯りは未プレイです。後日別記事にて。


萌えたか萌えなかったかだと後者だけど、シナリオは面白かった!

誰にでも気さくで、女好きのお調子者な秀吉ですが、普段いい加減に見えて実は見るとこ見ている、というお約束のいい男です。
彼は何よりも人の心というものを信じていて、役目だとか枠組みに囚われない接し方は素敵だな〜って思います。
ストーリーを進めるにつれ、軽かった印象からだんだん根底にある確かなものが見えてきて。彼の歩んできた道が、この羽柴秀吉という人物を形作っているんだなぁと思わせてくれるところが興味深かったです。


それから、主人公の塩対応w
家康ルート直後の秀吉ルートは、その落差が特に面白かった( ´▽`)(笑)

あとはそうですね、文頭で萌えなかったとは書きましたが、何でもないように装っていても秀吉は主人公の沼に、主人公は秀吉の沼に、底無しのようにズブズブとはまっていく様子は見ていて楽しかったです。



以下ネタバレ注意!!










●趣味は...

ほたる「趣味はなんですか?」
秀吉 「お姫さんとじゃれあうことかな!」
ほたる(なるほど...軽口を叩くことか)

ほたるの真顔ぶりがww本当にツボww
最初の頃はこうしてちゃんと聞いていたけど、打ち解け始めると聞くまでもなく「女の人に声を掛けることです」って断言しだしてもうホント最高w



●温度差

「こぼれんばかりの愛がどうのこうの〜」っていう秀吉の美辞麗句に対して、「腹の薬、一日ふた粒、飲むべし」っていうほたるの簡素すぎる置き手紙(ノ∀`)ヒィーww
そっけなさと思いやりのギャップが秀吉ルートのほたるの魅力だと思います( *´艸`)♡



●情

畑から瓜を盗って追われたのを、小石を投げてかばってくれた野伏が刑に処された。本当の悪は自分だったのに...。いい加減な判断で人を不幸にするのが怖いのだと秀吉は語ります。

暗殺の命を受けたタイミングで秀吉が自分を見逃していた真意を知り、その情の深さにグラグラし出すのが上手いと思いました。

秀吉は、みんなからの人気があっても出自が〜って言われるのを知っていたから、ほたるが曇りなく「故郷を見てみたい」って言ったのに胸うたれたんですよね。そしてその心が悪事の前に踏みとどまるのを信じた。

「今後、何があってもこの手は、あんたの心を裏切っちゃならねえよ」 とほたるに訴えかけます。
じーんときました。この言葉は、あかんやつ〜(;▽;)



●罪の華エンド

うええええええ目がああああ(´;д;`)
オレが甘かったとか、弱さを見抜けなかったとか、目になって生きてくれとか、情け深いうええええ
......ってなってたんですけど、欲とか罰とか言ってるモノローグで、ん?どゆこと?;;って追っているうちに終わってしまいました。この理解力の無さ。

そばにおく事が欲で罰?

この後ベストエンドを見てようやくわかりました。



●ベストエンド

秀吉には早い段階で正体がバレてしまうので、流れが同じでも違う視点で楽しめました。秀吉のわかっていながら見守っている感、が良いです。私の方もほたる頑張れ!ほたる〜!!っていう心境でしたw

ほたるが迷い悩んでる心を信じる秀吉。
農夫から武士へ、彼自身が心のままに定められた道から外れた人だから、彼女が忍びの役目に縛られて苦しむのが見ていられなかったんですね。

この辺のやりとりで罪の華エンドでの疑問が解消されました〜。
秀吉は今まで、「こんなのはどう?」と例えばの道を示しても、決して無理強いはしなかった。しかし、罪の華では負い目を利用し、生きてそばにいることでほたるを縛った。それが秀吉の欲で罪だったんだなーと。ほたるはほたるで、秀吉は秀吉で、自分の首を絞めていくなんてしんどい関係ですね。
なんて寛大な〜って言っていた蘭丸に、信長様が果たしてそうかな?と顔をしかめた理由がわかりました。

と、罪の華エンドの話はここまでにして。


お人好しに賭けてわざと怪我を負ったのも、ほたるの涙を優しく受け止めたのも、うわあああでした。゚(゚´ω`゚)゚。
「よしよし」ってなだめ方がめっちゃ好き...!

秀吉は葛藤するほたるをずっと見守ってきたから、自らの意思で旅路の共を願い出たほたるを見てすごく報われたんじゃないかと思います。

本能寺へ引き返す時は、秀吉の恐れを察して自ら手助けするほたるがいい女すぎてww こんな後半に改めて惚れ直す描写があるのは嬉しいな。
最後のスチルは今までになく距離が近かったですね!もうすっかり安心して秀吉の胸にもたれるほたる、可愛い...♪




秀吉ルートはほたるの可愛さがツボでした♡ 秀吉がほたるにキュンキュンくる瞬間にすごく共感できて、そこが楽しかったな〜(*^^*)


そういえば、今更ながらエンディングがキャラソンだった事に気付きましたwwww 森久保さんの歌声特徴的ですよねw



次は信長様です!